ブラックでも借りれる達人
後払い現金化

後払い現金化

管理人
管理人

こんにちは「ブラックでも借りれる達人」管理人の黒田(@black_pro_jp)です。

近頃、「ブラックでも現金化できる!」とか「今すぐ現金が欲しい時に便利!」とか「誰にもバレずに即現金化はありがたい」など、なにかと話題の現金調達サービス「後払い・ツケ払い」。

気にはなっていたものの、そのシステムや内容、安全性などに不安を持っている方も多いでしょう。

ここでは、後払いやツケ払いの基本、オススメ業者など「後払い・ツケ払い」について基本から徹底解説していきたいと思います。


後払い・ツケ払い現金化のシステム

後払いの仕組み

まずは後払い・ツケ払い現金化のシステムについて、解説します。

後払い・ツケ払いの利用の流れ・仕組み

後払い・ツケ払いサービスとは、業者の提供する商品(業者による)を後払いで購入した後、商品レビューによる報酬といった形で現金化できる仕組みです。

給料日後などの指定日に業者に商品代金を支払う流れで、現金を作れます。

また買取業者への売却といったパターンだけでなく、後払い商品を買取業者へ売却し現金化する業者もあります。

最短30分以内で現金が手に入ることを強みにしている業者も多くあります。

審査が甘くスピーディー

後払い・ツケ払いが話題の理由のひとつに、審査が甘い&現金振込までがスピーディー」といったものがあります。

まず後払い・ツケ払いを行う業者で商品を購入する際、後払い契約の審査が入ります。

しかし、この審査はCICなど信用情報機関にアクセスして行われるものではなく、あくまで“自社審査”。

その業者でトラブルを起こしていなければ、職場への電話連絡もないため、ほとんどの方が審査に通過します。

また審査通過後は即日で商品を受け取ることができます。

商品レビューであれば1分で終わり、報酬を受取ることができますし、商品買取であれば即日振込で現金を作ることが可能です。

審査では、通帳のコピーや給与明細などの書類を画像化して、メールやラインで提出する必要があります。

後払い・ツケ払いはこんな人向け

ここまでお伝えしてきたことをまとめると、後払い・ツケ払いはこんな人におすすめといえます。

  • 金融業者では借りられないブラック
  • 今すぐに現金が欲しい方
  • 職場や家族にバレずに現金が欲しい
  • アルバイトやフリーランスでも現金化したい方

後払い・ツケ払いは消費者金融や街金など、お金を借りる上で厳しい審査があるような金融業者ではありません。

思い立った時にすぐに活用できる、知っておくと便利な現金調達サービスなのです。

おすすめの後払い現金化業者をお探しの方は、以下のページを見てみて下さい。

後払い現金化のおすすめ業者はこちらで解説

後払い現金化の最新業者と即日換金方法(ツケ払い・クレカ・NP後払いetc)

後払い現金化サービスは電話連絡なし?

電話連絡なし

後払い現金化の特徴の一つは、職場への「電話連絡なし」で利用できることです。

電話連絡とは、融資などを申込した本人の職場に“本人が本当に在籍しているか?”を確認する審査システムのひとつです。

後払い現金化の場合、金融業者が提供するローンやキャッシングではなく、あくまで「レビューや広告宣伝に対する報酬」だったり「別業者への商品売却」として現金化できるため、電話連絡の必要がありません。

そのため職場はもちろん家族にも知られずに即日現金化が叶うわけです。

ただし、一部口コミで“業者によっては電話連絡があるので注意した方がいい”という声もちらほら見かけます。

後払いできる能力が確かなのか、安心して後払い商品を利用させていいのかなど、業者によっては厳しく審査されることもあるので注意しておきましょう。

無審査で契約できるツケ払い現金化はある?

後払い審査

無審査で契約できるツケ払い現金化業者はありません。

ただ後払い現金化サービスはお金の借入と違い、信用情報の照会がなく、過去に延滞や債務整理をしている人でも問題なく利用できます。

銀行や金融会社でも審査落ちとなった時の最後の砦として、頼れるサービスです。

単にお金の借入をしたくない人や、審査スピード重視の人にもメリットのあるサービスです。

給料ファクタリングは違法?

給料ファクタリングは違法?

後払いで給料日に商品代金を支払うと聞くと、「給料ファクタリング」を思い浮かべる方もいるでしょう。

実は給料ファクタリングは違法と見なされており、後払い・ツケ払いとは全く別のサービスとして扱われています。

その理由を簡単に説明していきましょう。

給料ファクタリングは給与債権が担保に

給料ファクタリングとは、給与債権を担保にしたファクタリングのことです。

例えば、給与が30万円のAさんの事例を見ていきましょう。

Aさんは給与の前借り目的で給与ファクタリング業者に相談した結果、10万円から手数料を引いた現金を振り込まれます。

給料日にAさんは勤め先から振り込まれた30万円のうち、ファクタリング業者に10万円を支払えば終了というのが、給与ファクタリングの基本構造です。

一見、とくに問題のない取引のように見えますし、以前はグレーゾーンとして数多くの給料ファクタリング業者が存在していました。

しかし、高額過ぎる手数料だったり、遅延による闇金レベルの遅延損害金請求、恐喝などが徐々に浮き彫りとなってきたことから、一部の業者が市民団体などから提訴されます。

給料ファクタリングは貸金業に

さまざまな事例から日本ファクタリング業界が金融庁に「違法性の照会」をしたことのより、結果的に金融庁や弁護士は、「給与ファクタリングという仕組みは認められず、貸金業に該当する」といった見解を示すに至ったのです。

「給与ファクタリング」などと称して、業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します(注)。

引用元:ファクタリングに関する注意喚起:金融庁

給与ファクタリングの場合、手形割引に近いことから貸金業登録が必要となり、多くの給与ファクタリングを手掛けていたのが闇金であったことから違法性を帯びた取引と規定されたということになります。

給料債権は売買できず、さらに高額な手数料も法律に抵触する可能性があるなど、結果的に給与ファクタリングは今、全ての業者が廃業してしまった形となっているのです。

まとめ

後払い・ツケ払いサービスは、今のところ違法性が低く、さらにブラックでも安心して即日現金化できる便利なサービスとして認識されています。

ここで紹介したように、初心者の方はまずは人気の業者から利用してみるとよいでしょう。

「今すぐ無審査で現金が欲しい。」

そんな方は、ぜひ「後払い・ツケ払いサービス」を利用してみてはいかがでしょうか。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA