ブラックでも借りれる達人
ファクタルの審査基準や口コミを解説!即日振込OKの給料ファクタリング

ファクタルの給料ファクタリングは、個人の給料債権の売買による資金調達法で、一般のサラリーマンの方でも利用できるサービスです。

ローンによるお金の借入と似て非なるサービスで、即日の現金調達も可能ですが、ファクタルのサービスはどのようなものなのでしょうか。

この記事ではファクタルの特徴や審査、口コミなどについて詳しく解説していきます。

即日振込もOK!ファクタルの給料ファクタリング

即日振込もOK!ファクタルの給料ファクタリング

一般のサラリーマンや会社員でも利用できる給料ファクタリングの会社に「ファクタル」があります。

お金の融資に代わる資金調達法かつ、個人でも利用できるサービスとして利用者も増えている「ファクタル」ですが、どのような会社なのか詳しく見ていきましょう。

「給料日まで現金が足りない」「ローンで借りれない」人におすすめ

給料ファクタリングは給料債権を買い取ってもらうサービスです。

ファクタルを利用する場合は、先にお金を入金してもらい、給料が入ってからファクタルに支払うという流れなので、給料日まで現金が足りない人におすすめです。

また、給料債権の買取はローンとは違い、審査で信用情報の照会がないため、どこからもお金が借りれない人でも、後払いで現金が手に入ります。

現金が必要で返済のあてもあるのに、お金が借りれない人の解決策となるでしょう。

審査時間は最短30分だから即日振込もOK

審査時間は最短30分だから即日振込もOK

ファクタルの審査時間は最短30分となっているので、速やかに審査に通ることができれば、即日の現金振込も可能です。

公式サイトでは「平日13:00までにお申込みいただくと即日振込可能です。」と明言されているので、その点を気をつけましょう。

申し込みフォームにはコメント欄もあるので、そこに即日振込を希望していることを書き込んでおくと良いですし、電話で直接伝えることもできます。

2回目以降の利用であれば、以前利用したときのデータにより、スムーズな審査通過を期待できるかもしれません。

万が一、ファクタルから審査結果の連絡がこないことがあれば、電話での問い合わせをおすすめします。

ファクタルの審査基準

定職に就いていて安定収入があること

ファクタルの審査に通るための条件は、まず第一に定職に就いていて、安定収入があることです。

つまりは支払い能力があるのかどうかをチェックをするため、審査対象となるのは勤務先の会社であり、給与明細などの収入証明書や身分証明書の提出が必要です。

社会保険に加入の方であれば利用できるので、アルバイトやパートの主婦でも大丈夫です。

アルバイト・パートの収入も安定収入として見なされるということです。

ファクタル審査の申告内容

ファクタル審査の申告内容

ファクタルの申し込みフォームでは、以下の個人情報を入力することになります。

  • 氏名・性別・生年月日
  • 家族構成
  • 住所
  • 住環境(持ち家・賃貸など)
  • 勤務先、勤務先住所、勤務先電話番号
  • 勤務形態(正社員、派遣・契約社員、アルバイト)
  • 保険証の種類(社会保険、国民保険)
  • 給料日
  • 電話番号(携帯・自宅)、メールアドレス

ローン審査のような信用情報の照会はありませんが、申告内容はローンと同じような項目です。

これらの申告内容からも支払い能力の判断が行われているのが分かります。

審査に必要な書類

ファクタルの審査で必要な書類は以下のものになります。

  • 顔写真付の身分証明書(免許、住基カード等)
  • 保険証(社会保険)
  • 直近2ヶ月分の給料明細、給料振込の証明となる通帳のページ

給料明細に「支給日」が載っていない場合は、給料が振り込まれているページの画像になります。

ネットバンキングを利用している人は、給料振込が分かる画面のスクリーンショットでも大丈夫です。

その他に、自宅に届く公共料金の請求書があれば、審査が有利になります。

2者間契約は勤務先にバレない

ファクタルの給料ファクタリングは、あなたとファクタルのみの2者間契約となっているので、給料ファクタリングの利用が勤務先にバレることはありません。

審査通過後にファクタルからあなたの口座に入金があり、その後に来る給料日に、勤務先からあなたの口座に振り込まれた給料で、ファクタルに支払いをするという流れです。

ファクタルから勤務先の会社に通知が行くことはありません。

※定職についていない方は利用できません。
☞ ファクタル【公式サイト】はこちら

手数料は手数料10%~

ファクタルの手数料は10%~となっていて、上限は公表されていません。

手数料の詳細は実際に取引をする金額や、審査状況によって変わるので、気になる方はスタッフに直接問い合わせることもできます。

給料ファクタリングの2者間契約で10%~の手数料は相場通りといったところで、特に高くも低くもありません。

分かりやすい数値で表すと10万円の利用で1万円の手数料となります。

「七福神以外」の給料ファクタリングとして話題

「七福神以外」の給料ファクタリングとして話題

もともと給料ファクタリングをやっている会社として、株式会社ZERUTAが運営する「七福神」のサービスが有名でしたが、ファクタルの給料ファクタリングを利用する人も増え始めています。

給料ファクタリングを利用するにも、他社と比較して考えたいというニーズもあることが考えられます。

他の会社も見てみたいという方は、以下の記事から「Get給」という新しく始まったばかり給料ファクタリングをチェックしてみるのも良いでしょう。

「Get給」の手数料は審査結果が出た際に分かりますが、契約をするかどうかは審査結果を見てから決めることもできるので、お試しで申込をするのもおすすめです。

運営会社情報

ファクタルの運営は、熊本県にあるリブノース合同会社というところがやっています。

代表者 福島 智
所在地 熊本市東区御領8丁目8-10
設立 2019年5月
メールアドレス info@factal.jp
TEL 0120-518-900
営業時間 9:00~17:00(土日祝休み)

会社は熊本市にありますが、申込みはネットを使って、全国から24時間365日できます。

●地図

ファクタルの口コミ評判

ファクタルの口コミ評判

ファクタルは新しくサービスを開始したばかりの会社なので、口コミ情報があまり多くありません。

その中から口コミを2つ紹介します。

1.審査に通りやすくスムーズ

数少ない口コミ評判でも複数あった声としては、他社の給料ファクタリングと比べても、一番審査に通りやすく、スムーズだったというものがあります。

急ぎで現金が必要という方にとって、一番知りたい内容の口コミですね。

即日振込を希望する場合は、遅くとも13時までには申込みをしましょう。

また、ファクタルは新しい会社で、新規顧客の獲得に力を入れていることから、審査に通りやすくなっているとも考えられます。

2.審査落ちの理由が分からない

ファクタルで審査落ちをしてしまったが、理由が分からないというものがありました。

定職に就いていて、安定収入があることが審査に通るための第一条件ですが、それを満たしていても審査落ちとなることがあるようです。

審査落ちの理由は教えてもらえませんが、例えば書類の不備や、提出した書類と申告内容に差異があったことなどが考えられます。

※定職についていない方は利用できません。
☞ ファクタルの申込みはこちら

ファクタルのデメリット3つ

ファクタルのデメリット2つ

ファクタルのデメリットは次の3つがあります。

  1. 営業が平日9~17時のみ
  2. 口コミ評判の情報が少ない
  3. 在籍確認の電話がある

それぞれ見てみましょう。

1.営業が平日9~17時のみ

ファクタルの営業時間は平日9~17時のみとなっています。

土日祝日に申し込みをした場合は、翌営業日以降の入金となるので、急ぎで現金が必要という方にとってはデメリットになります。

申し込み自体はネットから24時間365日できるので、土日祝日も問題ありません。

2.口コミ評判の情報が少ない

ファクタルは新しくサービス始めたばかりの会社なので、利用者の口コミ情報が少ないです。

スタッフの対応や利用の流れなど、実際に利用してみた人の声は非常に参考になるものですが、口コミ評判を探している人にとっては不十分な内容と言えます。

現在は利用者も増えているところなので、今後は口コミ情報が増えていくものと考えられます。

無論、ファクタリング会社を装った闇金ではありませんので、その点は心配ないでしょう。

他社の給料ファクタリングが気になる方はこちらからチェック

個人向け給料ファクタリング!おすすめ8社の比較、選び方、口コミ(給与・売掛債権の現金化)

3.在籍確認の電話がある

ファクタルの審査では在籍確認の電話がありますが、勤務先にファクタリング業者を名乗ることはありませんので、バレることはありません。

ファクタリングの利用がバレないといっても、気になる方はいるのでその点はデメリットと言えるでしょう。

逆に考えるなら、審査で在籍確認の電話をするということは、闇金などではなく、正規のファクタリング会社という見方もできます。

もし在籍確認の電話を避けたいなら、以下の記事で紹介している「七福神」であれば、在籍確認なしで契約できます。

ファクタルのメリット4つ

ファクタルのメリット4つ

ファクタルのメリットは次の4つです。

  1. 自己破産・債務整理経験者でも現金を作れる
  2. 勤務先にバレずに利用できる
  3. 信用情報に履歴が残らない
  4. 総量規制に関係なく現金調達ができる

4つのメリットについて、詳しく見てみましょう。

1.自己破産・債務整理経験者でも現金を作れる

自己破産や債務整理をした後の5~10年間はローン審査に通って、融資を受けるのは難しいですが、ファクタルであれば問題なく現金調達ができます。

ローン審査では信用情報の照会によって、過去における金融取引の履歴をチェックされますが、給料ファクタリングはローンではありません。

審査の際に信用情報の照会がないので、どこからもお金を借りれずに困っていても、ファクタルなら現在の安定収入を証明できれば大丈夫です。

2.勤務先にバレずに利用できる

2.勤務先にバレずに利用できる

ファクタルで給料ファクタリングの2者間契約をする場合は、あなたとファクタルの2者間のみの取引となります。

ファクタルへの支払いは、勤務先から給料の振込があってから後払いでします。

給料ファクタリングを利用したことを勤務先に通知されることはないので、勤務先にバレずに利用できます。

※定職についていない方は利用できません。
☞ ファクタル【公式サイト】はこちら

3.信用情報に履歴が残らない

給料ファクタリングの利用は信用情報に履歴として残ることがありません。

金融機関や貸金業者はCICやJICC、全国銀行個人信用情報センターの信用情報機関に加盟していますが、ファクタリング業者は加盟していません。

そのためファクタリングで支払いの延滞などが起きても、今後のローン審査などに悪影響があることはないのです。

4.総量規制に関係なく現金調達ができる

貸金業法の総量規制というルールによって、融資・ローンで年収の1/3を超えるお金を借りることはできませんが、この総量規制は給料ファクタリングには関係ありません。

貸金業法の規定は、貸金業者のローンにのみ適用されます。

どこからもお金を借りれない人でも現金が調達できる仕組みとして、給料ファクタリングがあるのです。

給料ファクタリングは「簡単、便利、迅速」のファクタルがおすすめ

ファクタルの給料ファクタリングは、「簡単、便利、迅速」に利用でき、

・給料日前で生活が厳しい…
・今すぐ現金が必要だけど相談できる人がいない…
・融資・ローンの審査に通るのが難しい…

という方におすすめです。

審査時間は最短30分で、平日13時までに申し込みをすれば即日の振込も可能です。

口コミでもスムーズに審査に通ることができたという声が複数あり、審査が不安な方でも通る可能性が十分あります。

ネットまたは電話で申し込みをして、必要書類は画像データで送れるので、来店不要で全国から申し込みができます。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA