フタバのキャッシング審査はブラックOK?口コミ評判から評価基準を考察

ブラックOK!フタバの審査を口コミ・評判から徹底解剖

フタバ株式会社は「ブラックでもOK」「審査が甘い」という口コミ評価が多い中小消費者金融ですが、真相はどうなのでしょう?

フタバは大手消費者金融・銀行などの審査に通らなかった方にも注目されています。

「ブラックでもOK?」なのかを焦点に、フタバの審査を徹底解剖していきます。

審査落ちした人の口コミ評判も載せましたので、参考にして下さい。

フタバのキャッシング審査はブラックでも通る(甘い)?

まずは本題、「ブラックでも審査に通るのか(甘い?)」を解説していきます。

結論、ブラックの状態による

一口に「ブラック」と言っても、ブラックの状態は大きく分けて、次の2つがあります。

  1. 申込みブラック
  2. 金融ブラック

どちらの状態でもフタバの審査に通る可能性はあります。

しかし唯一、金融ブラックの中の「長期延滞」に関しては、完済するまで審査に通ることはできません。

それぞれの状態について詳しく解説します。

1.申込みブラック

1.申込みブラック

申込みブラックとは、短期間に複数の金融機関に申込みをすることで、銀行や大手消費者金融の新たな借入れ審査に通らなくなる状態です。

申し込みをした履歴は信用情報機関(JICC・CIC・全国銀行個人信用情報センター)に登録され、審査のときにチェックされるのです。

しかし中小の業者であるフタバは、申込みブラックでも審査に通る可能性があります。

申し込みブラックでもお金を借りる!オススメ消費者金融5選

審査では信用情報を見られる

フタバでは審査に当たって、JICC・全国銀行個人信用情報センターの2つから個人の信用情報を取得しています。

それが審査「通過」の履歴であっても、複数への申込みをしているとブラックとなり、審査に影響します。

短期間に複数の借入れを申込むということは、「お金に困っている」または「返すつもりがないのにお金をかき集めている」のどちらかだと判断されるからです。

申込みブラックになる目安

申込みブラックになる目安は「6ヶ月に4件以上」の申し込みをすることと考えておくといいでしょう。

6ヶ月間経てば、信用情報機関から申込みの履歴は消えるので申込みブラックは解消されます。

2.金融ブラック

金融ブラックとは、長期延滞または債務整理の情報が信用情報機関に登録されている状態です。

長期延滞

長期延滞とは、金融機関への返済を「61日~3ヶ月以上」延滞することで、期間に幅があるのは、3つある信用情報機関によって、登録までの期間に差があるためです。

つまり、3ヶ月以上延滞すると確実に登録され、金融ブラックになってしまうということです。

債務整理

債務整理は、法律を頼って、多額の借金の減額や利息カットを、貸主に交渉することです。

債務整理には

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人再生
  4. 自己破産

の4種類があります。

借金の状態によって、適した手続きを4つの中から選びます。

長期延滞は「完済後から6ヶ月間」、債務整理は「完済後から5~10年」、履歴として信用情報に残るため、その間は大手消費者金融・銀行などの審査に通る可能性はほぼゼロです。

フタバは現在の返済能力で評価

フタバは現在の返済能力を重視

フタバでは「債務整理中でも審査に通った」「自己破産からまだ1年だけど借りられた」というような口コミ評価が見られます。

このことから「ブラックでもOK」という評判が立っていると思われます。

フタバでは、「現在の」返済能力・返済意思に審査の重点があり、過去の履歴には寛容だといえます。

しかし、いくら寛容だとはいえ、金融ブラックの方の審査は少し厳しいということには注意しましょう。

また完済・債務整理などの手段を取らずに長期延滞を放置してある場合には、審査落ちになるということです。

キャッシングのフタバ【公式サイト】

消費者金融フタバの口コミ評判(審査落ちの理由を考察)

消費者金融フタバの口コミ評判を審査落ちした人と審査に通った人に分けて、見てみましょう。

審査落ちした人の口コミ評判

フタバの審査に落ちた人の口コミには以下のようなものがあります。

任意整理中、専業主婦の身でありながら、10万申込みするも否決でした。一次審査通過後に電話があり、いけるかと思いきや、無理でした。

専業主婦の方は所得のある配偶者の同意がないと、消費者金融では借入れはできません。

「一次審査通過」とあるものの、フタバの一次審査では職業申告がないので、旦那さんの同意が得られていなかった可能性があります。

また同意があった場合でも、旦那さんの返済能力に疑問が持たれたのかも知れません。

申込みから最終連絡まで30分と掛からなかった。結果は否決…。

細かなことを聞かれずに審査落ちしたということは、他社借入れ件数が多すぎる申込みブラック、またはブラックであるのに対処していなかった、という可能性が考えられます。

フタバでは他社借入れが5件以上の方は申し込みできません。

フタバで審査落ちをした後に、他の業者で受かった。フタバは少し厳しいのでは…

審査基準の細かな点は各消費者金融によって異なるので、審査の甘いと言われるフタバで審査落ちでも、他社でOKだったということは起こり得ることです。

審査に通った人の口コミ評判

審査に通った人の口コミには以下のようなものがあります。

通った口コミ

債務整理完済一年借入れなし、ダメもとでお願いしましたが午前中に電話、午後振込みありました10万円ありがとうございました!

債務整理後1年ということは真性ブラック中なのですが、現在の経済状況(返済能力)・返済意思などが認められ、審査通過となったのでしょう。

7年前に破産しました。現在はきちんと勤めており社保にも加入です。他では全く相手にされませんでしたがフタバさんは融資してくれました。本当に助かりました。

自己破産はCIC・JICCでは5年間、全国銀行個人信用情報センターでは10年間、記録が残ります。

フタバでは全国銀行個人信用情報センターの記録も審査対象なので、破産の情報を知りつつ融資してくれたことになります。

「社保にも加入」とあることから、金融ブラック中でありながら返済能力が認められ、審査通過となったのでしょう。

フタバのキャッシング(審査基準と難易度)

フタバの審査

フタバの審査は、一次審査・二次審査の二段階に分かれています。

インターネットまたは電話で申込むことができますが、「一次審査を通過した方にのみ電話連絡(二次審査)」とされています。

審査・評価される項目

一次では、希望融資額・氏名・電話番号・他社借入れ件数・他社借入れ額など、ごく一般的な内容のみを元に審査が行われます。

そして、二次ではかなり突っ込んだ内容を審査します。

勤務先・年収などはもちろんのこと、借りたお金の使い道、生活費、家賃、家族構成など、ありとあらゆる個人情報は聞かれると思ってください。

この二次審査こそフタバが重要視しているもので、「お金を貸してしっかり返してくれるのか」という「現在の返済能力・返済意思」がしっかり判断されます。

審査基準と難易度

フタバの審査基準と審査難易度について見てみましょう。

他社からの借入件数は4件まで

先に触れたように「他社借入れ4件までの方」という明確な申込み基準を公表しています。

たとえ申込みブラックでないとしても、現在の借入れ件数が5件以上だと審査に落ちてしまいます。

あえてこのような基準を公表しているということは、借入れ件数に対して厳しい審査をしている証なので、もし借入れが4件以下の方でも、できるだけ少ない方が審査に通過しやいといえます。

もし借入れをまとめて件数を減らせる場合は、その後に申込むべきでしょう。

安定収入のある成人であること

その他は「20歳以上70歳以下の安定した収入と返済能力を有するお客さま」という一般的な申込み条件しかありません。

やはり借入れ件数のみが目立つ基準で、このことから「現在はきちんと返済できるのか」が審査の核心だと改めて分かります。

この点をクリアしていれば難易度はグッと低くなるでしょう。

融資までの流れと審査時間

融資までの流れと時間

審査の流れは以下のようになります。

  1. 申込み
  2. 一次審査
  3. 二次審査
  4. 契約書類の郵送
  5. 融資

希望すれば二次審査通過のあと契約書類を待たずに口座に振込みしてもらえます。

キャッシングのフタバはカードローンではないので、融資の際は金額が一括で振り込まれ、限度額内で繰り返し出金できるタイプのものではありません。

即日融資も可能な審査スピード

フタバの二次審査完了まで早ければ3時間ほどで済むので、即日融資も可能です。

しかし過去の債務整理や延滞で信用情報に傷がついている状態だと、返済能力の見極めに時間がかかり、審査結果が翌日以降になることもあります。

急ぎでお金を借りたい場合は、即日融資の希望を伝えたり、追加で提出書類を出して信頼性をアピールするなどの対策も打てます。

必要書類

運転免許証のコピーまたは健康保険証のコピーが必要です。

また審査通過後に住民票を契約書類とともに郵送します。

なお、50万円を超える希望額の場合には源泉徴収票など所得を証明できるものも必要です。(50万円以下でも提出を求められることがあります)

在籍確認の有無

フタバの在籍確認については、公式サイトで「勤務先に個人名でご連絡させていただく場合がございます」とされており、「必ず」とはなっていません。

在籍確認は審査の最終段階で行われるのが一般的であるため、一次審査落ちや二次審査の途中で融資不可能と判断されれば、電話はかけられないことになります。

そこでこのような言い回しとなっているのでしょう。

審査が最終段階まで進めば在籍確認の電話は間違いなくかけられると思ってください。

フタバ【公式サイト】はこちら

消費者金融フタバのメリット・デメリット

ところで話が変わりますが…

ここでフタバのメリット・デメリットをまとめて紹介していきます。

フタバのデメリット2つ

1.フリーダイヤルがない

大手消費者金融などでは申込み・相談などのダイヤルは無料となっていますがフタバでは有料ダイヤルしかありません。

2.ローンカードがない

ローンカードがない

フタバの借入れ・返済は振込みで行われ、カードは発行されません。

そのため、返済時には振込み手数料を負担しなくてはなりません。(借入れ時はフタバが負担)

フタバのメリット4つ

1.融通の効く審査

何度か触れていますが、フタバでは過去の履歴だけにとらわれず「現在の返済能力・返済意思」に重点を置いた審査が行われます。

このため、真性ブラックで他の金融機関では門前払いだった方でも審査通過の可能性があります。ここにフタバの真骨頂があります。

2.最大200万円までの融資限度額

最大200万円までの融資限度額

初回融資は「10~50万円」とされていますが、返済実績を積み重ねることで最大200万円までの借入れが可能です。

大手にも負けず劣らずの高い水準といえます。

3.年金受給者でも申込み可能

年金を「安定した収入」と見なしており、年金受給者でも申込み可能です。大手消費者金融や銀行などでは申込みできない方もフタバならば問題ありません。

4.70歳まで申込み可能

年金受給と関連しますが、他の金融機関では60~65歳が申込みの上限であることが多い中、フタバでは70歳まで申込みができます。

ここからも「返済をしっかりしてくれればOK」という姿勢がよく分かります。

まとめ

ブラックでも審査に通るかどうかを中心にフタバの審査を詳しく紹介してきました。

最大の特徴は「過去の履歴で門前払いしない」ところにあります。ブラックになってしまったものの、現在は返済能力がしっかりあるという方は、しっかりそれを示せば審査を通過することができます。

他の金融機関で門前払いされてしまった方は、フタバへの申込みを検討してみてはいかがでしょうか?