ブラックでも借りれる達人
自己破産をすると今あるクレジットカードは解約になる?

自己破産をすると今あるクレジットカードは解約になる?

これから自己破産をするとなると、今もっているクレジットカードがどうなるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

クレジットカードは解約になりそうだけど、できれば手元に残したいというのが本音かと思います。

何とか自己破産後にクレジットカードを残す方法を知りたい方もいるかもしれません。

この記事では自己破産後にクレジットカードは解約となるのかということを中心に、自己破産後の動きについて解説しています。

自己破産で既存のクレジットカードは解約になる?

自己破産で既存のクレジットカードは解約になる?

自己破産をすると基本的にはクレジットカードは解約となり、使えなくなります。

カード会社に自己破産の通知がいく

自己破産をすると裁判所から、カード会社を含めたすべての債権者に自己破産をしたという通知がいくので、クレジットカードも強制解約となります。

自己破産はカード会社への債務(支払い)を帳消しにする手続きで、カード会社が損害を被り、信用を失くしてしまう行為です。

よって「もうあなたにカードは使わせません」という対応になるのです。

債務のないクレジットカード

自己破産をした時点で債務のないクレジットカードに関しては、カード会社も債権者にはならないので、基本的に自己破産の通知は行きません。

普段から使っていない、持っているだけのクレジットカードに関しては、カード会社によって自己破産後の対応は異なります。

カード会社は定期的に利用者の信用情報の照会をしているので、その際に自己破産をしたことがカード会社に知れてしまうと、これまで通りに継続してクレジットカードを持つことが難しくなることもあります。

ショッピングのリボ払いで購入したものは没収になる?

ショッピングのリボ払いで購入したものが自己破産によって没収・返却になるか否かについては各カード会社で対応が異なります。

高価なものに関して没収となる可能性が高いですが、そうでないものに関しては各カード会社による判断となります。

クレジットカードで購入したモノの所有権は、その支払いが終わるまでカード会社にあるので、カード会社に立て替えてもらっている(お金を借りている)状態なのです。

例えば三井住友VISAカードの会員規約では次のように記されています。

●第29条(立替払の承諾等)

4.会員は、カード利用により購入した商品の代金債務を当社に完済するまで、当該商品の所有権が当社に帰属することを承諾するものとします。

引用元:三井住友VISAカード&三井住友マスターカード会員規約(個人会員用) |クレジットカードの三井住友VISAカード

没収されたものは売却によって現金化され、返済に充てられることとなります。

自己破産後にクレジットカードを残す方法

全く使用していない残高・債務のない(引き落としのない)クレジットカードに関しては、自己破産後も解約されることなく、残すことはできます。

自己破産は個々の債権者との手続きで、債務のないクレジットカードのカード会社は債権者とはなり得ません。

したがって、自己破産と関係のないカード会社には、あなたが自己破産をしたという連宅がいくことはありません。

当然ながら、自己破産と関係のあるクレジットカードを手元に残すことは不可能です。

自己破産と関係のないカードの更新はできる?

あなたが自己破産とは関係のない、複数のクレジットカードを持っている場合、自己破産後に更新できるかどうかは、各カード会社によって対応が異なります。

カード会社はクレジットカードの更新時、または定期的に個人の信用情報の確認をしています。

その時に自己破産をしたことが分かってしまうと、解約となる可能性が高いです。

しかし自己破産をしてもこれまで通り安定収入がなくなることはないので、カードを継続して持てるかどうかは、各カード会社の判断となります。

もしクレジットカードを持てなくなった場合は、代わりに家族カードやデビットカードという選択肢もあるので後述します。

⇓ クレカの代わりになる家族カード・デビットカードを紹介

クレジットカードは自己破産の前に解約した方が良い?

クレジットカードは自己破産の前に解約した方が良い?

自己破産の前にクレジットカードは解約しておいたほうが良いのでないかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、その必要はありません。

前述の通り、クレジットカードの債務を残したまま自己破産をすると、クレジットカードは利用停止となり、自然と解約の状態となるからです。

受任通知で引き落としがストップ

あなたが自己破産の申請をすると、弁護士や司法書士から債権者(カード会社)へ、自己破産の手続きが始まったことを知らせる受任通知が送られます。

債権者(カード会社)に受任通知が届いた日から、債権者はあなたに対して請求や引き落としができなくなります。

支払い方法を切り替える必要がある場合も

支払い方法を切り替える必要がある場合も

もしあなたが電気代、水道代、ガス代などの公共料金や携帯料金をクレジットカード払いにしているなら、支払い方法をクレジットカード以外の方法に切り替える必要があります。

理由は、自己破産の依頼をした後は、クレジットカードの利用やショッピングの返済はしてはいけないことにあります。

自己破産の依頼後のカード利用はダメ

自己破産の依頼後に、クレジットカード払いによる公共料金や携帯料金といった固定費を引き落とされてしまっては、自己破産の手続きがスムーズにいかなくなる場合があります。

カード会社の他にも消費者金融など複数の債権者がいた場合、カード会社にのみ支払いをしていると、債権者の間で不公平が起きてしまうからです。

すぐにカードの利用停止にならない場合もある

クレジットカードの会社によっては受任通知が届いた後も、すぐには利用停止にしてくれないところもありますので、ご注意ください。

ちなみに自己破産の受任通知が債権者に届くまでは、長くて数日~1週間かかる場合もあります。

自己破産以外の債務整理も検討する

クレジットカードの解約はどうしても避けたいという方は、自己破産以外の債務整理をすることも検討しましょう。

以下の3つの債務整理であれば、借金の減額をした上で、クレジットカードを残すことはできます。

1.任意整理 借入先の債権者(銀行・消費者金融)と話し合って、利息をカットしてもらう。
2.特定調停 簡易裁判所の調停で、借金の減額について、話し合う。
3.個人再生 裁判所を通して、借金を大きく減額してもらう。

どう考えても返済不能な借金であれば、自己破産をするしかありませんが、借金の返済方法を変えたり、減額で対応できるのであれば、自己破産以外の方法を選んで、クレジットカードを残す方法もあります。

あなたの状況に合った最善の方法が分からない場合は、弁護士や専門家の方に無料相談をすることもできます。

おしなり法律事務所で借金の無料相談をする

自己破産後の新規クレジットカード発行は難しい

自己破産後に新規のクレジットカードを作るのは難しい

自己破産後に新規でクレジットカードを作ろうと思うと、信用情報によるあなたの信用力がガタ落ちになっているため、審査に通るのが難しいです。

自己破産後に新規のクレジットカードを作るには、期間にして5~10年かかると言われています。

理由は、あなたの信用情報に自己破産の情報が掲載されると5~10年の間は、いわゆる金融ブラックの状態になり、クレジットカードやローンの審査に通るのが厳しくなるためです。

信用情報機関によって自己破産の情報が掲載される期間は以下の通りです。

信用情報機関 掲載期間
CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関) 免責決定日から5年
JICC(株式会社日本信用情報機構) 免責決定日から5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 免責決定日から10年

審査では、カード会社によってすべての信用情報機関を確認するところと、一部の信用情報機関のみ確認するところがあり、会社選びによっては、審査がある程度ゆるくなる場合もあります。

アメックスなら自己破産後でもOK?

過去に自己破産を経験した人の口コミによると、アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)なら自己破産後でも、比較的審査に通りやすくなっています。

アメックスは現在の支払い能力を重視

アメックスは現在の支払い能力を重視

アメックスは他社のカード会社とは違った独自の審査基準で、過去の履歴よりも現在の支払い能力を重視しています。

過去に自己破産をした履歴があっても、個人の状況を慎重に見極めて判断をしているのです。

5年以内で作れたという口コミも

自己破産直後の申し込みはさすがに厳しいですが、安定した収入と生活を取り戻しさえすれば、自己破産後5年以内でもクレジットカードが作れたという口コミもあります。

自己破産後のクレジットカード発行については、こちらの記事が参考になります。

自己破産後でもクレジットカードを作れる?方法や選び方

債務整理後は審査の甘いカード会社を選ぶ

前述のアメックス以外にも、ライフカードや楽天カードも比較的審査が甘いカード会社として有名で、債務整理をした後の金融ブラックの状態でも、審査に通った事例があります。

ブラックでもクレジットカード審査に通る方法

特にライフカードは、公式サイトで「過去に延滞のある方」でも審査対象であることを明示しています。

ライフカードもアメックス同様、申込み者一人ひとりを個別に見るという独自の審査基準を採用しているのです。

☞ 延滞をした人にもおすすめのライフカードを紹介

クレカの代わりになる家族カード・デビットカード

クレジットカードの解約により、キャッシュレス決済ができなくなったとしても、クレジットカードの代わりとなる方法に、以下の2つがあります。

  1. 家族会員のクレジットカード
  2. デビットカード

それぞれのカードについて解説します。

1.家族会員のクレジットカード

自己破産をしてクレジットカードが解約になったとしても、家族にクレジットカードをもっている方がいれば、そのカードの家族会員として、クレジットカードを持つことができます。

破産者が名義人となっているクレジットカードは、その家族会員のクレジットカードも解約となりますが、逆に、破産者以外の家族が名義人のクレジットカードは、破産者でも家族会員のカードをもつことが可能です。

三井住友カードJCBを始めとして、家族カードがあるクレジットカードは多数あります。

2.デビットカード

デビットカードは、決済時に銀行口座から即時引き落としとなっているカードなので、発行時に信用情報の確認はありませんし、審査も必要ないので、自己破産後でももつことができます。

人気のデビットカードにはセブン銀行デビット付きキャッシュカードソニーバンクウォレット(Visaデビットカード)があり、VisaやJCBの加盟店でお買い物ができるので、使えるお店探しで困ることはないでしょう。

後払いにならない点はクレジットカードと異なりますが、クレジットカードと同じく、利用額に応じてポイントは貯まりますし、よりお金の管理がしやすいというメリットがあります。

まとめ

自己破産をした後は、その情報がカード会社に伝えられ、引き落としがストップし、自然と解約の状態になります。

借金とは関係のないクレジットカードも、カード会社による定期的な個人情報の確認や、カード更新時の確認で、強制的に解約となります。

自己破産の依頼後はクレジットカードの利用ができなくなるので、公共料金や携帯電話の固定費をカード払いにしている場合は、支払い方法を別の方法に切り替えましょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA