ブラックでも借りれる達人
お金を借りるスマホアプリおすすめ6選!ネット掲示板は危険?

お金を借りるスマホアプリおすすめ6選!ネット掲示板は危険?

管理人
管理人

こんにちわ「ブラックでも借りれる達人」管理人の黒田(@black_pro_jp)です。

お金を借りられるスマホアプリについて詳しく知りたいあなたへ。

この記事では誰もが知る大手消費者金融や銀行のおすすめアプリや、その利便性や特徴を解説しています。

また、ネット上に存在する、お金を借りれる掲示板の安全性や特徴、注意点についてもまとめましたので、参考にして下さい。

お金を借りるおすすめスマホアプリ6つ

お金を借りるおすすめアプリ6つ

カードローンのスマホアプリがあればコンビニATMからカードレスでお金が借りられます。

スマホアプリは申し込みから審査、借り入れまでスマホの操作だけで完結することができる優れものです。

銀行・消費者金融が提供するアプリの基本的な機能は同じですが、それぞれの特徴や利便性について、詳しく見ていきましょう。

1.プロミス

大手消費者金融の中で、最初にお金を借りられるアプリを世に出したのがプロミスです。

セブン銀行で出金返済が可能

プロミスの「アプリローン」は、セブンイレブンのセブン銀行ATMで原則24時間、いつでもカードなしで出金と入金(返済)ができます。

お金を借りる際にローンカードを作りたくない方も多いですが、そんな方にもピッタリのサービスです。

アプリから申し込みをして、最短1時間で審査・契約が完了するという流れなので、緊急でお金が必要になったときでも十分対応できます。

定期的に行われるメンテナンスの時間(毎週月曜日の0時~7時、元日)は利用ができません。

アプリローン|プロミス公式サイト

アプリからの申し込み・審査が便利

スマホアプリからの申し込みで審査をよりスマートに済ますことができます。

Web完結で郵送物もなしの契約ができるのはもちろんのこと、ダウンロードしたアプリのカメラを使えば、必要書類の提出が簡単に出来てしまいます。

プロミスは審査スピードも業界トップクラスで、アプリのサービスによって利便性がますます向上していると言えるでしょう。

無利息サービスやアプリだけのお得な情報、会員向けの優待サービスも見逃せません。

プロミスの審査については、こちらの記事を参考にして下さい。

プロミスの審査を解説

2.SMBCモビット

2.SMBCモビット

次に紹介するのが、プロミスと同じSMBCコンシューマー・ファイナンスグループのSMBCモビットのアプリです。

カードレスで出金と入金が可能

カードレスで出金と入金ができるのはもちろん、会員専用サービス「Myモビ」の利用で、

・増額審査申込
・お支払(返済)予定日変更
・約定(返済)支払日の変更

までもできてしまいます。

SMBCモビットは一定の条件をクリアすれば、勤務先への電話連絡なしで審査に通ることも可能なので、アプリによってさらにお手軽な借り入れが可能になるのです。

SMBCモビット公式スマホアプリ:SMBCモビット【公式サイト】

モビットアプリでできる11のサービス

モビットのアプリでは以下の11のサービスが利用できます。

  1. 必要書類の送付
  2. 振込キャッシング
  3. 返済方法の変更、振替口座の変更
  4. 約定支払日の変更、登録
  5. 利用状況の確認
  6. 登録内容の変更
  7. 増額審査の申し込み
  8. ユーザーID・パスワード変更
  9. 振込返済口座の照会
  10. Myモビメッセージ
  11. スマホATM取引

これだけのサービスが利用できるなら、スマホ1つあれば心配ないですね。

過去にカードローンで借りた経験もある筆者は、わざわざATMまで行かないと返済状況を確認できませんでした。

しかし今は、手元にあるスマホで確認できるというのは大きすぎるメリットです。

SMBCモビットの審査に関してはこちらの記事を確認して下さい。

SMBCモビットの審査を解説

3.アイフル

次に紹介するのがアイフルのスマホアプリです。

アイフルアプリの特徴は、申し込みの手続きがヤフーID連携などにより、申込項目が自動入力され、手続きがさらに簡単になっていることです。

カードレスでセブン銀行ATMから取引ができるだけでなく、アプリから利用限度額の増額も可能になっています。

利用残高や返済金額などの確認、店舗検索もできる多機能なアプリで、生体認証ログインを採用しているため、セキュリティもばっちりです。

スマホアプリのご紹介【アイフル公式サイト】

4.アコム

4.アコム

アコムのアプリ「アコムナビ」でできることは、主に以下の3つです。

  1. アプリで審査の必要書類を撮影し、提出できる
  2. 「ローン計算」で返済金額や返済回数が確認できる
  3. 全国にあるアコムATMを検索できる

新規申し込み時には、アコムでネット申し込みをして、書類の提出は操作の簡単なアプリから行うなど、使い分けもできます。

「ネット申し込み+アプリの操作」をうまく活用することで、より早い手続きが可能になりました。

もちろんアプリだけで申し込みもできるので、パソコンを持ってない方でも大丈夫です。

アコムナビ|【アップルストア公式】

5.楽天銀行アプリ

次に預金残高や入出金明細が分かりやすい楽天銀行アプリを紹介します。

楽天銀行に口座をお持ちであれば、アプリから申込、書類の提出、融資(振込)まででき、楽天銀行スーパーローンの利用でポイントを貯めることもできます。

またネット銀行のアプリなので、カードローンの機能だけでなく、預金や資産管理の機能も付いています。

消費者金融のアプリに比べ、幅広い方法でお金の管理ができるのが強みです。

他の楽天関連のサービスを利用している楽天ユーザーの方にもおすすめのアプリです。

楽天銀行アプリ|楽天銀行【公式サイト】

6.じぶん銀行

次に紹介するのが、三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資で設立されたネット銀行「じぶん銀行」のアプリです。

預金や振込もすべてアプリで完結

じぶん銀行のアプリではお金を借りるだけでなく、預金や振込などの手続きもすべて完結することができます。

セブン銀行ATMからアプリを使った取引ができますが、消費者金融ではないので、即日融資で借りたり、無利息期間を利用することはできません。

こちらも楽天銀行と同じく、金融商品のやり取りや資産管理にも対応しています。

auユーザーには特典あり

auユーザーの方におすすめの限定割引やポイントプラグラムもあります。

auの各種商品やサービスを利用している方であれば、ポイントがより貯まりやすくなるので、一石二鳥になります。

大手銀行と大手通信会社の共同出資というところからも、信頼と安心感のあるアプリです。

じぶん銀行スマートフォンアプリ | じぶん銀行【公式サイト】

アプリなら給料の前借りもできる

お金を借りられるアプリと言えば、給料の前借りができるアプリもその1つです。

給料の前借りアプリは福利厚生サービスの1つで、あなたのお勤め先がアプリでの前借りシステムを導入していることが条件となります。

業界トップクラスの導入企業数を誇るアプリとして有名なのが

  1. CYURICA(キュリカ)
  2. enigma pay(エニグマペイ)
  3. Payme(ペイミー)

の3つです。

給料の前借りアプリは、給料日までのお金が足りない時にアプリを通して、指定口座への振込依頼ができる仕組みです。

アプリによってかかる手数料や利用額の上限が異なります。

お金を借りる掲示板(個人間融資)は危険

お金を借りる掲示板(個人間融資)は危険

ネット掲示板で借りたい人を募る=個人間融資

お金を借りる掲示板というのは、ネット上の掲示板を通して、個人間で融資が行われる仕組みです。

具体的には、ネット上の掲示板に個人の出資者が書き込みをして借りたい人を募ったり、借りたい人が書き込みをして出資者を募るという流れです。

銀行や消費者金融での借入ができないブラックの人が頼ってしまいそうな掲示板ですが、利用は危険なのでおすすめしません。

お金を借りる掲示板について、詳しく見てみましょう。

掲示板の相手は闇金の可能性が高い

結論からいいますと、個人間融資で話を持ちかけてくる人はほぼ闇金である可能性が高いです。

個人間融資はトラブルや犯罪に巻き込まれる

個人間融資はトラブルや犯罪に巻き込まれる

個人間融資では、お金を借りたい人が掲示板に書き込みをして、貸主とのマッチング後、メールのやり取りなどが進みます。

しかし、それは法的な手続きを踏んでいないため、明確なルールがない状態でやり取りをしているので、個人間でもトラブルのもとになりやすいのです。

相手が闇金であった場合は、後に法外な利息を請求されるだけでなく、個人情報だけ盗まれてしまったり、「口座買取(売買)」の申し出によって、犯罪に加担してしまったりします。

口座売買を詳しく解説

闇金からの強引な押し貸しもあり得るので、個人間融資の掲示板は利用しないことです。

個人間融資の危険性についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

個人間融資の危険性や注意点を解説

本当にお金を貸してくれる人?個人間融資の安全性と口コミ・注意点

「ブラックでも(誰でも)借りれる」、「審査なし」の宣伝は闇金の手口

闇金は個人間融資の掲示板で、「ブラックでも(誰でも)借りれる」、「審査なし」という宣伝をしていることがあります。

最初のメッセージのやり取りは、妙に親切あったりするのも特徴なので、騙されないよう注意が必要です。

どうしてもお金が必要で追い詰められた人は冷静な判断ができなくなるものですが、ネット上でそんな発言をする人を信用できるはずがありません。

個人間融資の相手が一般の方で、問題なく、うまくいった例がないわけではないようですが、稀なケースなので、個人間融資の利用はおすすめできません。

恐ろしい闇金の手口を詳しく解説

ソーシャルレンディングと個人間融資は別物

ソーシャルレンディングと個人間融資は別物

近年、日本でも増え始めたソーシャルレンディングは個人間融資と混同しやすい仕組みになっていますが、両者は別物です。

ソーシャルレンディングは個人間融資の掲示板と違い、仲介を専門とする業者が存在する上に、資金調達者(お金を借りたい人)は個人ではなく、企業のみとなっています。

ソーシャルレンディングは、仲介業者の審査に通った事業者(お金を借りたい企業)との、法的な問題をクリアした安全なやりとりが可能です。

ソーシャルレンディングの代表的な仲介業者には、SBIソーシャルレンディング maneo(マネオ)があります。

ソーシャルレンディングはお金の貸し借りというよりは、投資や資産運用といった性質のものです。

まとめ

お金を借りられるアプリでおすすめのモノを6つ紹介しました。

アプリはローンカードの代わりになるので、カードレスで借りれる点や、スマホ1つで手続きが完結できるところがメリットです。

お金を掲示板については、貸主が闇金であるケースがほとんどで、安全なやり取りができませんし、トラブルに巻き込まれる可能性が高いのでおすすめしません。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA