アローの特徴は入念な聞き取り審査!否決になる理由は?

アローは愛知県名古屋市に1店舗をかまえる中堅消費者金融で、インターネットで全国から借り入れを申し込むことができます。

大手消費者金融の審査に落ちてしまった方でも借りられたという口コミが多いアローですが

「審査は甘いのか」

といったことが気になります。

この記事ではアローの審査基準や審査の流れ、審査時間などを分かりやすく紹介していきます。

消費者金融アローの審査基準

アローの審査基準

まずアローの審査を知るヒントになるのが、平成22年に貸金業を始めたばかりだということです。

開業まもなくは融資に積極的

貸金業を始めたばかりのアローですが、開業からしばらくは融資に積極的になるという傾向があります。

貸金業者は当然ながら元手となる大きな資金がないと融資して利益を得ることができず、その元手は融資して作り出すことになるからです。

そのため、年収が高く、勤務先も大手企業という人ばかりが審査に通るのではなく、「返済能力」がある人には積極的に融資しており、「審査が甘い」という口コミにもつながっています。

しかしこれはあくまで「返済能力がしっかり認められれば」ということです。

では「返済能力」とはどのような能力を指すのでしょうか?

「現在の返済能力に注目」の柔軟審査

アローでは「現在の返済能力」に審査の重点が置かれており、延滞や債務整理の履歴などで信用情報に傷がある方でも借り入れすることができます。

信用情報機関には、

  • カードローン・クレジットカードの申し込み履歴
  • 過去の借り入れ・返済履歴
  • 債務整理の情報

などが登録されており、現在の借入れ状況のみではなく過去の情報も審査のために照会されます。

よって過去の借り入れの返済を延滞し続けている場合などは、「現在」の返済能力が低いと見なされ、返済への信用も低くなるのでアローでは申し込み自体を断っています。

アローに限らず、中小消費者金融では過去の金融事故の記録に捕らわれず、現在の返済能力を重視して審査を行っています。

ブラックでも借りられる審査の甘い消費者金融を3つ紹介

ブラックでも即日融資で借入OK!審査が甘い消費者金融4つ

返済能力と審査

返済能力と審査

「返済能力=現在の収入・支出のバランスで毎月遅れずに返済できる能力」です。

月収80万円のAさんと月収10万円のBさんを例に見てみましょう。

月収80万円のAさんの場合

例えば月収80万円のAさんが10万円を借り入れて毎月3000円の返済をすることになった場合、一見問題がないように思えます。

しかし、すでに他社5件から総額1000万円を借り入れており、毎月40万円を返済していたらどうでしょう?

さらに融資してもきちんと返済されるのかという返済能力を疑問視されてしまい、審査に落ちる可能性があります。

月収10万円のBさんの場合

これに対して他社借入れのない月収10万円のBさんが、同じく毎月3000円の返済をするとしたらどうでしょう?

他に返済する負担がないので、返済能力はAさんより高く評価され、審査通過の可能性が高いでしょう。

返済能力の審査は、年収・勤務先など申し込み時の自己申告に加えて信用情報機関への照会を元に行われます。

アローは信用情報機関のCICとJICCから情報を取り寄せ、あなたの他社借入件数・借入金額を把握し、返済能力を判断しています。

これが返済能力とそれを審査される仕組みです。

アローのキャッシング審査の口コミを分析

アローの審査は大手より甘い?

アローの審査については「審査基準が甘い」「3年前に債務整理をしたけど借りられた」という口コミが目立ちます。

これは大手消費者金融にはない「現在の返済能力」をチェックするアロー独自の審査の結果でしょう。

つまり審査自体が「甘い」のではなく、むしろ現状の収支バランスについては厳しく審査されるので、「審査の視点が大手とは違う」ということなのです。

もちろん「甘いと聞いていたのに審査に落ちた」という口コミもあります。

聞き取り審査が多いという口コミ

アローで審査落ちとなった方の口コミでは、現状についていろいろと聞かれた割には残念な結果だったというものがあります。

こういった口コミからも、聞き取りが多いというのは噂ではなく、本当であることが分かります。

つまりクレジットヒストリーが悪いからといって、審査で門前払いとなることはなく、細かな聞き取り調査をうまく利用することで、現在の返済能力をアピールする機会にもなるということです。

アローのキャッシングで審査落ち(否決)になる理由

査落ちの理由

アローで審査落ちになる理由を3つ挙げます。

  1. 総量規制に達している・規制ギリギリ
  2. 他社借入件数・借入総額が多すぎる
  3. 態度が悪い

それぞれの理由について詳細に見ていきましょう。

総量規制に達している・規制ギリギリ

貸金業法により消費者金融では、借入総額(1社or複数社)として年収の3分の1までしか借り入れできません。

例えば年収300万円の人は総額100万円までしか借り入れできません。

つまりこの人がアローに申し込んだ時点ですでに他社で総額100万円を借入れしていれば、必ず審査に落ちることになります。

また総量規制ギリギリまで借りてしまっている場合も返済能力を疑われて、審査に落ちる原因となります。

総量規制とはまさに「現在」の借入れについてのものなので、アローでは厳しくチェックされます。

参照:貸金業法について【日本貸金業協会】

他社借入件数・借入総額が多すぎる

他社借入件数・借入総額が多すぎる

他社の借入件数や借入総額は現在の返済能力に直結するものなので、ひときわ厳しく審査されます。

特に借入れ件数が多い場合には「それほどお金に困っているのか?」と返済への信用を大きく失ってしまいます。

他社借入は3件以下に抑えてあることが審査通過の目安です。

態度が悪い

意外に思うかもしれませんが、申し込みをするときの態度は審査に影響します。

アローのローンは無担保なので、返済能力+信用が担保代わりとなります。

いくら返済能力が高くても、あまりに態度が悪い・理不尽な苦情などを突きつけるなどの言動は信用を失い、審査落ちにつながるのです。

「フリープラン」と「借り換えローン」の2種類がある

アローのフリープランの審査

アローでは「フリープラン」「借り換えローン」の2種類のローンが用意されています。

フリープランはその名の通り「使途自由」で、利用限度額最大200万円・金利15.0%~19.94%となっています。

借り換えローンの使い道は、貸金業者への債務の借り換えのみが対象となっており、銀行やクレジットカードの支払いは対象外となっています。

申し込み対象者

申し込み対象者は「フリープラン」「借り換えローン」のどちらも、「20歳~65歳以下」で「安定したで収入があり継続した取引が見込める方」と公表されています。

「安定した収入」と「継続した取引」というのが毎月遅れなく返済できる能力が必要であることを示しています。

自営業・アルバイト・パートの方でも申し込み可能

アローのキャッシングは返済能力さえあれば、自営業・アルバイト・パートの方でも申し込みできます。

また「健康保険に未加入の方」「現在、他社の返済が遅れている方」は申し込むことができません。

☞ アロー【公式サイト】の申し込みはこちら

アローの審査時間は最短45分

アローの審査時間

アローでは「審査時間最短45分」としており、大手消費者金融に負けないスピード審査を売りにしています。

しかしこの通りに審査が進むのはかなりめずらしく、実際には即日融資はほぼ不可能で数日を要するという口コミが目立ちます。

これは現在の収支バランスをしっかり見極めるアロー独自の審査に時間がかかるためです。

細かな聞き取り審査

アローでは、「尋問」とまで呼ばれる非常に細かな聞き取りで、生活状況を把握し返済能力を審査します。

聞き取りは趣味・休日の過ごし方・ペットを飼っているか・煙草を吸うのかなど一見審査とは関係がないようなことにまで及ぶことも多く、「プライバシーの侵害だ」と不愉快になる人も多いのです。

しかしあくまで生活状況を確認し返済能力を測るために必要な審査項目なので、嘘なく誠実な態度で応じなければいけません。

審査が行われるのは営業時間内(土日休み)

アローは24時間いつでもネット・FAX・郵送で申し込みはできますが、審査が行われるのは営業時間内となります。

アローの営業時間は平日9:30~18:00となっており、土日祝日には審査が行われません。

この営業時間外には審査が進まないので、借り入れを急いでいる方は注意してください。

消費者金融アローの申し込み方法と流れ

申し込み方法と流れ

審査の必要書類

審査では以下の2つの書類が必要です。

  1. 身分証明書の写し(運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか1点)
  2. 収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・給与明細書・そのほか所得証明書など年収額が確認できるもののうちいずれか1点)

アローの必要書類は基本的には運転免許証となりますが、運転免許証がない場合は健康保険証やパスポートでも大丈夫です。

申し込み~借り入れまでの流れ

申し込み方法は2つあります。

  1. ネット申し込み
  2. FAX・郵送申し込み

それぞれの申込方法について解説します。

1.ネット申し込み

1.ネット申し込み

公式サイトのフォームで申し込み後、営業時間内に審査が始まります。

  1. 一次審査(申し込み内容+信用情報機関の情報での審査)
  2. 結果連絡(メールまたは電話を選択。一次審査通過の場合のみ連絡)
  3. 二次審査(必要書類2点提出・電話での聞き取り・在籍確認)
  4. 結果連絡(メールまたは電話を選択)
  5. 借入れ(振り込み)

もしあなたの信用情報がブラックである場合、二次審査の聞き取りで返済能力について慎重に審査されます。

2.FAX・郵送申し込み

申し込み書・必要書類の2点をFAX・郵送します。

  1. 一次審査(申し込み内容+信用情報機関の情報での審査)
  2. 結果連絡(電話連絡のみ。一次審査通過の場合のみ連絡)
  3. 二次審査(電話での聞き取り・在籍確認)
  4. 結果連絡(電話連絡のみ)
  5. 借り入れ(振り込み)

郵送で申し込んだ場合は、書類が届くまで2~3日かかるので、ネット申し込みよりも審査に時間がかかります。

在籍確認の電話連絡

在籍確認

在籍確認は、勤務先が申告した場所と一致しているかを勤務先への電話で確かめるものです。

申し込み者本人が電話に出られなくても「◯◯(申し込み者)はただいま席を外しております」というように勤務していることが確認できれば完了となります。

二次審査が重要

アローでは二次審査の「聞き取り」が審査の核心です。

一次審査は「足切り」のために行われ、二次審査こそが審査そのものと考えておくべきでしょう。

この点が大手消費者金融とは全く反対で、一次審査を通過しただけでは融資については何も決まっていないということです。

アローから審査結果の連絡がこない場合は?

在籍確認

アローでは一次審査(申し込み内容+信用情報機関の情報での審査)を通過した場合にしか、審査結果の連絡がこないので注意してください。

手違いで連絡がこない場合もあるので、審査結果が遅いと感じた場合は、審査状況を電話で尋ねてみるといいでしょう。

また、結果連絡はネット申し込みの場合はメールか電話のどちらか都合のよい方を選択できますが、FAX・郵送申し込みの場合には必ず電話連絡となります。

消費者金融アローのメリット、デメリット

アローのメリット、デメリット

デメリット

デメリットは提携ATMがなく、返済が銀行振込か口座振替に限られる点です。

銀行振込を利用する場合には手数料を負担しなくてはならないので、返済を進めていき借り入れ残高が減るほど、手数料の占める割合が大きくなります。

ただし、中小消費者金融では提携ATMがないのが一般的で、口座振替であれば返済は無料であることから、アローだけのデメリットというのは特になく、優秀な点が目立ちます。

中小消費者金融の中でも、セントラルは自社ATMをもっているので比較的使い勝手が良くなっています。

セントラルの審査を解説

メリット4つ

メリット4つ

アローのメリットは次の4つです。

  1. 現在の返済能力で審査
  2. 初回利用限度額が他社より高め
  3. 増額ができる
  4. 無理のない返済額

一つずつ解説します。

1.現在の返済能力で審査

ブラックなど過去のローン利用履歴に問題があっても、現在の返済能力で審査してもらえます。

そのため、大手消費者金融など他の金融機関で借りられなかった方でも審査通過の可能性が大いにあります。

2.初回利用限度額が他社より高め

中小消費者金融では初回利用限度額が5万円~10万円ほどになることが多いですが、アローでは20万円ほどの利用限度額をもらえたという口コミが多数あります。

まとまった金額を必要な方にお勧めです。

☞ アローの申し込みはこちら

3.増額ができる

3.増額ができる

利用中の利用限度額の増額にも積極的である点も大きなメリットです。

会員サイトから簡単に増額申請ができるようになっているのは、返済を重ねて信用が高まれば増額を期待できる証といえるでしょう。

4.無理のない返済額

毎月の最低返済額が大手消費者金融と変わらない点も挙げられます。

借り入れ残高と毎月の最低返済額の比較を見てみましょう。

借り入れ残高 10万円 20万円 30万円
アロー 3,000円 6,000円 8,000円
モビット 4,000円 8,000円 11,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円
アコム 3,000円 9,000円 9,000円
アイフル 4,000円 8,000円 11,000円

このように、大手消費者金融と変わらない毎月の負担で無理なく返済していくことができます。

まとめ

二次審査での聞き取りをかなり綿密に行い、現在の返済能力をしっかりと独自審査をしてくれるのがアローの特徴です。

ブラックなどで大手消費者金融から門前払いをされてしまった方には、ぜひお勧めしたい優良な消費者金融の一つといえます。