ブラックでもお金を「借りる」「作る」には?

債務整理や延滞などが原因でブラックになってしまうと、融資やローンの審査に通るのが難しくなってしまいます。

そんな状況に陥ってしまったあなたへ、このサイトではブラックの人がお金を「借りる」「作る」方法を解説しています。

目次

  1. ブラックでもお金を借りられる(融資・借入可能)?
  2. 給料ファクタリング(個人向け)は即日融資に代わる資金調達法
  3. ブラックの人でもクレジットカードは作れる?
  4. 携帯ブラックでも作れる携帯電話・スマホ
  5. 債務整理で借金問題を解決

ブラックでもお金を借りられる(融資・借入可能)?

お金を借りる

ブラックでもお金を借りられるところは中小消費者金融です。

中小消費者金融は、あなたの信用情報がブラックであっても、現在の収入や生活の安定度によって返済能力が認められれば、審査に通ることができるのです。

借入審査ではあなたの信用情報の照会があり、銀行・大手消費者金融カードローンは、ブラックだと即審査落ちとなります。

ブラックの人への融資を解説

中小消費者金融は、銀行や大手消費者金融の審査に落ちた人、または銀行や大手の審査に通ることができない人を審査対象としています。

一方で、資金力が豊富な大手銀行や消費者金融は、その知名度から多くの申込が寄せられ、返済能力の高い人のみを厳選して審査に通すことができます。

中小消費者金融は全国的には無名な業者が多いため、他社では借りられないブラック方へも、返済能力に応じて、融資を行っているのです。

しかし自己破産や債務整理をした直後や、延滞中の支払いがある場合など、ブラックの程度によっては審査落ちとなることもあります。

ブラックOKの中小消費者金融の審査を解説

消費者金融の審査

一般的にお金を借りる条件として必要なことは、次の2つです。

管理人
管理人

1.成人であること
2.定職に就いていて、毎月の安定収入があること

次にお金を借りる審査で重要視されるのが個人の信用情報です。

信用情報には過去におけるローンの利用状況など、お金に関する取引の履歴が載っており、その内容が、融資(借入)の審査に影響します。

当サイトでは、これらのことを踏まえた上で、信用情報に問題がある人や未成年の人、無職の人など、様々な人の立場から、お金を借りることについての情報をまとめています。

消費者金融の審査を解説

給料ファクタリング(個人向け)は即日融資に代わる資金調達法

ファクタリング

給料ファクタリングとは、サラリーマンの給料債権をファクタリング会社に買い取ってもらって、給料日よりも早く現金を調達することです。

本来ファクタリングとは、法人(事業主)と売掛先企業、ファクタリング会社の3者間における売掛債権の売買を指しますが、一般サラリーマンでも利用できる資金調達法として「給料ファクタリング」があります。

給料日までお金が足りない状況において、期日よりも早く現金が手に入るという便利なシステムです。

給料ファクタリングには

管理人
管理人

1.利息が発生しない(手数料はかかる)
2.勤務先にバレずに利用できる
3.審査で信用情報のチェックがない

という3つのメリットがあります。

当サイトでは、サラリーマンでも利用できる給料ファクタリングだけでなく、法人(個人事業主)におすすめのファクタリングについても解説しています。

給料ファクタリング(個人向け)・ファクタリング(法人・事業主向け)を解説

ブラックの人でもクレジットカードは作れる?

クレジットカード

一般的に債務整理や延滞によって信用情報に問題があると、クレジットカードで審査落ちとなる可能性が高くなります。

しかしブラックの人でも、クレジットカードやカード会社の選び方によっては審査に通る可能性はあります。

当サイトでは、ブラックでも通る可能性のある審査の甘いクレジットカードや、審査に通るコツについて詳しくお伝えします。

ブラックの人のクレジットカード審査を解説

携帯ブラックでも作れる携帯電話・スマホ

携帯ブラック

信用情報に携帯料金の未納をした記録があると携帯ブラックとなり、携帯(スマホ)の審査に通ることが難しくなります。

しかし携帯ブラックでも、携帯の端末代を一括払いにしたり、格安スマホの会社を選ぶことで、携帯審査に通る可能性があります。

例えば携帯端末を分割払いにすると信用情報の照会によって審査落ちとなりますが、一括払いを選ぶことで審査に通る可能性があるのです。

当サイトでは、携帯ブラックでも携帯電話(スマホ)を作る方法や、おすすめの携帯電話について詳しく解説します。

携帯電話・格安スマホの記事はこちら

債務整理で借金問題を解決

債務整理

多重債務による借金地獄で毎月の返済が苦しい人には、債務整理という選択肢があります。

債務整理は裁判所や弁護士、専門家との話し合いにより、合法的に借金の減額、帳消しを行う手続きです。

債務整理をすると信用情報に載って、金融ブラックになってしまうことや、5~10年の間、ローン審査に通るのが難しくなるなどのデメリットがあります。

しかし、まずは毎月の返済の苦しみから逃れて、収支や生活を落ち着かせることが最優先です。

債務整理について解説