個人向け給料ファクタリング!おすすめ6社の比較、選び方、口コミ(給与・売掛債権の現金化)

個人向けのおすすめファクタリング会社6社の比較、選び方(給料・売掛債権の現金化)

お金の融資に代わる資金調達法として近年注目され始めているファクタリング。

即日で現金が手に入る方法でブラックの方にもおすすめですが、その注目度ともにファクタリング事業を行う会社も増えています。

この記事では、どのファクタリング会社がいいか迷っているあなたへ、

紹介しています。

各社の詳細の他に、ファクタリング会社の選び方も解説していますので、是非参考にして下さい。

クリックできる目次

個人向け(サラリーマン)給料ファクタリングおすすめ2社の比較・口コミ

おすすめの個人向けファクタリング会社5社の比較

会社員・サラリーマンでも生活費などの資金調達ができる、給料ファクタリングの会社として、以下の2社を紹介します。

会社名 手数料 即日振込 設立年月日
1.七福神(給与ファクタリング) 10%~ 2018年6月5日
2.ファクタル 10%~ 2019年05月27日

ファクタリングとはもともと、企業や法人の売掛債権を買い取るものなので、会社員やサラリーマンが利用できるサービスではありませんでしたが、現在は一般の個人でも利用できる給料ファクタリングのサービスがあります。

給料日までお金が足りないという状況に役立つサービスです。

上表に挙げた2社について、ランキング形式で詳しく見てみましょう。

1.七福神(個人ファクタリング)

3.七福神

七福神は公式サイトで「給料債権の買取」「給料ファクタリング」と謳っている通り、法人や個人事業主のみならず一般的なサラリーマンの方でも利用できるファクタリングサービスです。

☞ 七福神【公式サイト】はこちら

相談しやすい環境

法人はもとより、個人の方(会社員・アルバイト)であっても知識・経験が豊富なスタッフによる相談しやすい環境が整っており、非常に利用しやすいファクタリング会社として評価の高い業者です。

個人の給料ファクタリングでも、2者間契約を選択すれば勤務先にバレずに利用できますが、手数料は10%~と少し高くなります。

七福神の口コミ

「電話対応で利用の不明点を丁寧に説明してくれた」

利用の流れなどの不明点などを電話で問い合わせたところ、分かりやすく丁寧に説明してくれたとの口コミがあります。

七福神は専門知識や経験が豊富なスタッフが在籍しており、気軽に問い合わせを受け付けています。

筆者も電話をかけたことがありますが、簡潔で分かりやすい回答を得ることができました。

「申し込みから入金までがスムーズで助かった」

資金調達で重要なポイントに入金スピードがありますが、七福神のファクタリングは即日振込が可能です。

即日融資に代わる資金調達ができるので、急いで現金を作りたい方だけでなく、「審査が不安」「どこからも借りれない」といった方々の喜びの声もあります。

給料ファクタリング「七福神」の審査・口コミはこちらで解説

金融ブラックでも即日利用できる

七福神の給料ファクタリングは、過去に債務整理や自己破産を経験したブラックの方でも即日融資に代わる資金調達法として、とても心強い味方です。

審査では、給料明細などの証明書で「仕事をしていること」「安定収入があること」を証明する必要がありますが、銀行や消費者金融の審査に通るのが難しい方におすすめです。

☞ 七福神【公式サイト】はこちら

2.ファクタル(七福神以外の給与ファクタリング)

2.ファクタル(七福神以外の給料ファクタリング)

七福神以外で、一般の会社員の方でも利用できる給料ファクタリングの会社に「ファクタル」があります。

法人向けのファクタリング会社に比べ、給料ファクタリングの会社は極端に数が少ないので、ファクタリングを利用したい会社員の方にとって貴重な存在と言えます。

☞ ファクタル【公式サイト】はこちら

社会保険に入っていればパート・アルバイトでもOK

ファクタルの給料ファクタリングは、社会保険に入っていれば利用できるので、正規雇用の方に限らず、パート・アルバイトでもOKです。

また、お金の融資ではないので、過去に自己破産をした経験のある借入ブラックの方や、総量規制でローンを組めないという人でも、安定収入があれば審査に通ることができます。

審査では、顔写真付の身分証明書(免許、住基カード等)、保険証(社会保険)、直近2ヶ月分の給料明細、または給料が振り込まれている通帳のページを画像データで提出すことになります。

審査が通りやすいとの口コミあり

ファクタルの口コミにも、七福神と同様、審査が通りやすくスムーズといった声があります。

審査落ちの理由が分からないといった不満よりの口コミもありますが、それは他社も変わりません。

ファクタルはまだ新しい会社で口コミが少ないので、これから口コミが増えることで、より多くの情報を得ることができるでしょう。

ファクタルの審査、口コミについて詳しく解説

審査時間は最短30分で即日振込が可能

審査時間が最短30分となっており、平日13時までに申し込みをすれば即日振込が可能です。

申し込みはメールまたは電話でできるので、来店不要で利用できます。

不明点などは電話でスタッフに直接問い合わせができます。

☞ ファクタルの申込みはこちら

法人・個人事業主向けのファクタリング!おすすめ4社の比較ランキング

次に紹介するのは、一般の会社員・サラリーマンの方では利用できない、法人や個人事業主向けのファクタリング会社です。

一般の会社員がもつ給料債権ではなく、法人や事業主(経営者)がもつ売掛債権を買い取るサービスです。

ファクタリング取引契約書には、「ファクタリングとは、取引先信用調査、債権管理回収、信用の危険負担および債権の期日前資金化ならびにこれらに付随する事務の総合引受をいう」と定義されている。

引用元:ファクタリングと中小企業財務|東海銀行伊藤忠治

引用元にあるファクタリングの定義では「取引先信用調査」とありますが、これが一般的なファクタリングサービスの審査にあたります。

そういった審査や手数料、現金化までの時間などの要素から、おすすめ業者の4社をランキングで紹介します。

会社名 手数料 即日振込 設立年月日
1.OLTA(オルタ) 2~9% 2017年4月
2.ビートレーディング 2%~(平均15~17%) 2012年4月
3.ウィット 非公開 2016年11月
4.一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構 8%~ 2017年4月

1.OLTA(オルタ)

1.OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングは

「はやい」
「かんたん」
「リーズナブル」

の三拍子が揃っていて、必要なときにすぐに資金を調達することができます。

「入金待ちの請求書」(売掛金)の売却による資金調達なので、個人事業主でも法人でも利用できます。

また、土日でも問い合わせができる数少ないファクタリング会社であることもおすすめの理由です。

【公式】OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングで素早い資金調達

面談なしで即日入金も可能

申し込みから契約までの手続きがすべてオンライン(ネット)で完結するので、即日の入金が可能です。

審査では、webで「入金(売掛金)待ちの請求書」を提出しますが、手続きに関する書類・ハンコは不要で、対面による面談もなしで契約できます。

OLTA(オルタ)と取引先との連絡・関わりは一切なく、売掛金が入ってからの支払いで大丈夫なので、バレる心配もありません。

オルタの審査や口コミはこちらで詳しく解説

手数料は業界最安水準の2~9%

OLTA(オルタ)の手数料は、諸経費などすべて込みで業界最安水準の2~9%となっています。

クラウドファクタリングの名の通り、独自のAIスコアリングをもとに審査をしているので、コスト削減が可能になっているのです。

公式サイトでは「請求書のかんたん査定」もできるので、利用前のお試しもできます。

☞ OLTA(オルタ)公式サイトはこちら

2.ビートレーディング

1.ビートレーディング

ファクタリング手数料の一般的な相場が20%ほどと言われる中で、ビートレーディングの手数料は平均15~17%となっており、取引先の審査結果によっては手数料が2%まで下がることもあります。

ただ、登記の有無によっては、買取率以外の費用として2〜10万円の手数料がかかります。

ビートレーディングの実績と信頼性、口コミ評判を詳しく解説

最短即日契約が可能な会社

ビートレーディングは資金調達までのスピードを重視しており、最短即日での契約が可能な会社となっています。

そのためには、あらかじめ必要書類を不足なく準備しておくことがポイントです。

即日対応に関しては、数あるファクタリング会社の中でも評判のいい会社です。

買取金額の上限下限がない

買取金額の上限を設けておらず、数億円の取引も可能であるところが、大手業者ならではです。

個人に向けたファクタリングサービスもやっているので、買取金額の下限も設けておらず、数十万円からの取引も可能です。

年間2000件以上もの契約をしている実績のある会社です。

☞ ビートレーディング【公式サイト】はこちら

3.ウィット

2.ウィット

ウィットは数あるファクタリング業者の中でも、個人事業主へのサービスも行っている数少ない貴重なファクタリング会社です。

非対面・即日対応のウィット!口コミ評判を詳しく解説

小口の資金調達

ウィットは、ファクタリングでも最も需要の高いとされる500万円以下の小口の資金調達に力を入れてます

直接の対面なしでコンパクトな手続きができ、迅速な対応が魅力です。

実績ある会社

過去の実績では成約まで最短2時間という驚異のスピードや、30万円の売掛債権を5%の手数料で買い取った実績もありますが、公式サイトなどで公開されている情報が少なく、審査結果を見るまで分からないといった点もあります。

みずほファクターや三菱UFJファクターなど、大手銀行系グループのファクタリング会社もありますが、銀行系のファクタリングは個人の利用を想定しておらず、法人へ向けたファクタリングサービスとなっています。

☞ ウィット【公式サイト】はこちら

4.一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

5.一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、ファクタリング(資金調達)のみならず、事業再生、M&A・事業承継、事業マッチングなど、企業に対する手広いサポートをしている機構です。

ファクタリングなら一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

専門家による最適なアドバイス

資金調達を始めとする事業サポートに関する見識や経験をもつ専門家や弁護士、税理士の方が、あなたの状況に合わせた最適なアドバイスをしてくれます。

他社と比べ特徴的なのは、郵送ファクタリングというサービスを行っており、ファクタリング会社まで足を運ばずに契約ができるということです。

公式サイトの手数料無料査定フォーム

公式サイトには、10秒でファクタリングの手数料を査定しもらえる、手数料無料査定フォームが設けられています。

個人事業主の方でも契約ができます。

一般社団法人=非営利団体という点でも信頼できるファクタリング会社です。

☞ 日本中小企業金融サポート機構【公式サイト】はこちら

ファクタリング会社の選び方6つのポイント

ファクタリング会社の選び方4つのポイント

ファクタリング会社を選ぶ際に、どういったポイントを見て選ぶとよいか、解説します。

1.手数料は相場と比べて高くないか?

ファクタリングの手数料の相場は、売掛債権の20%前後となっているので、審査結果にもよりますが、手数料はできるだけ20%以内となるようにしましょう。

審査の対象は、売掛先の企業であったり、給与ファクタリングの場合はあなたの勤務先ということになりますが、手数料が一番低い場合は1ケタになることもあります。

⇑ 法人・個人事業主向けの
ファクタリング会社4社を紹介(上に飛ぶ)

2.売掛債権の金額の上限下限はどれほどか?

2.売掛債権の金額の上限下限はどれほどか?

ファクタリング会社によっては、取り扱っている売掛債権の上限と下限があります。

1億円を超える大口の取引もできるファクタリング会社や、数百万円の取引を専門とする小口の資金調達に対応する会社など、あなたの目的によって、選ぶべきファクタリング会社は異なります。

もちろん売掛債権の上限下限がないファクタリング会社もあるので、気にしなくていい場合も多いでしょう。

3.償還請求権の有無

ファクタリングの契約では償還請求権の有無を確認し、会社選びでは償還請求権のない会社を選びましょう。

償還請求権は、もし売掛先の企業が万が一により倒産して売掛金が支払えなくなった場合に、あなたに支払いを請求できるという権利です。

ファクタリングのメリットとして、万が一売掛先の企業の倒産などにより売掛金の支払いが不能になっても、顧客には支払い義務がないことが挙げられますが、償還請求権がある場合は話が別です。

4.ファクタリングによる入金までのスピード(最短即日)

4.ファクタリングによる入金までのスピード

ファクタリングの入金までのスピードは即日か、遅くとも数日内に振り込まれるファクタリング会社を利用しましょう。

ファクタリングを利用する目的は誰しも、近い将来入るはずのお金を予定よりも早く手にして、目前に迫ったお金の問題を解決することです。

そう考えると、契約から入金までのスピードが早ければ早いほど、ファクタリングの利用価値が高いことになります。

⇑ 個人向けの給料ファクタリング会社
おすすめ2社を紹介(上に飛ぶ)

5.闇金・悪徳会社(違法な詐欺業者)ではないか?

ケタ違いに手数料が高いところや、事前に知らされていない手数料が取られるなど、ファクタリング会社を装った闇金である場合もあるので、そのような悪徳・違法性のある業者には注意が必要です。

その他の悪徳な会社の特徴として

  • 契約書を作らない、契約内容が曖昧
  • 保証人や担保を求められる
  • 提出書類が少ない
  • 公式サイトに会社の所在地が載っていない

といったものがあります。

怪しい業者でないかどうかを判断するには、事前に口コミ評判を確認してみるのも良いでしょう。

ネット上ではネバーという会社が闇金であるとの情報があります。

また、給料ファクタリングの会社として長野県のグローリーチケットという会社がありますが、当サイトでは七福神とファクタルをおすすめします。

6.事前に口コミを確認する

ファクタリング会社を選ぶ際には、実際にその会社を利用したことがある人の口コミが参考になります。

・手数料は公表されている通りなのか
・対応してもらったスタッフの雰囲気はどうか
・申し込みから入金までにかかった時間

などは、すでに利用した人しか知り得ない情報です。

法人・事業主向けのおすすめファクタリング会社ランキングはこちら

ファクタリングは融資より審査が甘い?審査落ちの原因は?

ファクタリング会社は審査が甘い?

一般的にファクタリングの審査は通りやすいと言われるのは、銀行の融資やカードローン、消費者金融のカードローンと比べて、審査基準が違うからです。

ファクタリングはお金の融資ではない

ファクタリングがお金の融資でないのに対し、銀行・消費者金融のカードローンなどお金の融資となると、安定収入や過去の融資・ローンの利用歴、現在の他社からの借り入れなど、借金の返済能力を総合的に見られることになります。

売掛債権・給料債権の売買であるファクタリングは、近い将来確実に入ってくるお金を見越した上での、ファクタリング会社による立て替えに近い性質です。

審査落ちになる原因は?

ファクタリングで審査落ちになる原因は、主に以下の内容となります。

  • 給料・売掛債権の存在を証明できない。
  • 証明書などの必要書類に不備がある。
  • 勤務先・売掛先の経営不振
  • 虚偽の申告がある
  • 依頼者の人柄に問題がある

ファクタリング審査で見られるのは、給料・売掛金の証明だけではありません。

勤務先や売掛先の企業の経営がうまくいっていなければ、お金が支払われず、買い取った債権の金額を回収できないリスクもあります。

その他、虚偽の信用情報や依頼者の人柄に問題があれば、取引相手が信用できないと判断され、審査落ちとなります・

ローンよりも資金調達がしやすい

ファクタリングはお金の融資ではなく、売掛金・給料の存在さえ証明できれば、審査に通ることができます。

それゆえ、銀行からお金の融資を受けることができない企業や個人の頼れる存在としてファクタリング会社があるので、お金の融資よりも資金調達がしやすい方法として、審査が甘いという見方もできます。

もちろんお金の融資ではない以上、利息の発生はないということもファクタリングでは抑えておきたいポイントです。

電子記録債権との違いが分からないとの意見もありますが、電子記録債権は手形や売掛金の証明書を電子記録化し、「でんさいネット」というネットワークで管理する、資金調達をスムーズにした制度です。

⇑ 個人向けの給料ファクタリング会社
おすすめ2社を紹介(上に飛ぶ)

「七福神」の給料ファクタリングは会社員・サラリーマン向け

「七福神」の給料ファクタリングがおすすめ

ここで個人的におすすめの七福神の給料ファクタリングについて解説します。

一般の会社員、サラリーマンも利用できるファクタリング

七福神の特色は、企業や個人事業主に向けたファクタリングのみならず、給料ファクタリングの言葉からも分かるように、一般のサラリーマンの方でも個人的にファクタリングを利用できることです。

ファクタリングが企業の資金繰りを助けるの同様、給与ファクタリングは個人の「次の給料日までお金が足りない…」といった状況を助けてくれます。

また個人事業主の場合でも、次のような状況で七福神のファクタリングは役立ちます。

  • 税金の滞納
  • 赤字決算
  • 新しく設立した会社
  • 銀行融資の審査に通らない
  • 銀行のリスケ中

これまでは借入が難しかったあらゆる状況に対応できます。

銀行や消費者金融で借りるのが難しい人におすすめ

法人向けの売掛債権の買取だけでなく、個人の給料債権の売買にまで対応する七福神のようなところはファクタリング会社の中でも珍しく、銀行や消費者金融ではお金を借りるのが難しい人に需要の多いサービスを展開しています。

初めての方でも相談しやすい「七福神」(上に飛ぶ)

現在、安定収入があることや定職についていることを証明できれば、債務整理や自己破産歴のある金融ブラックの人でも審査に通ることができます。

あなたの勤務先への通知をしない、2社間契約を選択すれば、会社にバレずに資金調達ができますし、手数料以外の事務手数料などは一切かかりません。

上記の6つの会社の内、七福神とファクタル以外の会社は法人または個人事業主向けとなっており、給料ファクタリングではありません。

まとめ

個人向けのファクタリング会社のおすすめや、選び方について解説しました。

あなたの目的にピッタリのファクタリング会社は見つかりましたか?

ファクタリングは売掛債権や安定収入の存在を証明できれば、お金の融資に代わる資金調達法としてとても有効な手段です。

この記事があなたのお金の問題解決につながることを願います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA