法人・事業主向けのファクタリング会社ランキング!手数料・安全性、口コミで評価

法人・事業主向けのファクタリング会社おすすめランキング!手数料・安全性、口コミで評価

ファクタリング会社をお探しのあなた!

どこの会社がいいのか、どうやって選んだらいいのか、迷ってしまいますよね。

そんな会社選びでお困りのあなたに、ファクタリング会社を選ぶときのポイントや、おすすめのファクタリング会社ランキングを紹介します。

手数料や審査スピード、安全性や口コミなど参考にすべきポイントを詳しく見ていきましょう。

ファクタリング会社の選び方のポイント7つ

ファクタリング会社の選び方のポイント7つ

1.手数料は相場を超えないか

ファクタリング手数料の相場は2社間取引で5~20%、3社間取引で1~5%ほどです。

申し込みをする前に各社の手数料の情報を集めたり、事前に見積もりを出してもらってから契約をするようにしましょう。

ファクタリングの手数料は次のような要因で決まります。

  1. 2社間取引か3社間取引か
  2. 売掛先の信頼性
  3. 売掛債権の金額の高さ
  4. ファクタリングの利用は初めてかどうか

ファクタリングの審査では利用者だけでなく、売掛先の企業がどんな会社かについても審査します。

売掛債権を買い取っても、売掛先の企業が倒産が倒産するというリスクがあるからです。

売掛債権の金額によっても手数料は変動し、高いほど手数料は安くなる傾向にあります。

2.2社間or3社間取引か

ファクタリングをする際には2社間取引か3社間取引かを選ぶことになりますが、なかには2社間取引しかできない業者もあります。

2社間取引と3社間取引にはそれぞれ以下のメリットとデメリットがあります。

  • 2社間取引は売掛先の企業にバレずに取引ができるが、3社間より手数料が高い。
  • 3社間取引だと2社間より手数料は低いが、売掛先の企業にバレる。

ファクタリングの利用が売掛先の企業に知られると、資金難であることから会社の信用度に悪い影響があるため、大きなデメリットとなります。

そのため3社間取引よりも高い手数料をかけてでも、2社間取引を選ぶというケースは多いです。

2社間取引を選ぶ際はそのようなデメリットをできるだけ防げるよう、手数料の安い会社を選ぶようにしましょう。

オンライン完結できるか

3.オンライン完結できるか

手続きをできるだけ早くして即日のうちに入金を希望するのであれば、面談が不要で、オンラインで手続きが完結する業者を選びましょう。

オンライン完結の手続きであれば、審査に必要な書類もすべてデータとして送信することができます。

多くのファクタリング会社でオンライン完結ができるようになっていますが、相手と直接面談をして取引をしたほうが安心できるのであれば、面談ありの手続きも可能です。

4.債権譲渡登記をするかどうか選べること

ファクタリング会社にとってのリスクを抑えるための債権譲渡登記ですが、利用者にとってはデメリットとなります。

債権譲渡登記は、ファクタリング会社が売掛債権を買い取った事実を法務局に登録して公示することですが、場合によっては売掛先の企業や銀行に知られてしまうことがあります。

ファクタリング会社にとっては、売掛債権を複数の会社に売却する「二重譲渡」の防止策となります。

債権譲渡登記をするかどうか選べるのであれば、しない方が利用者にとってはメリットとなるでしょう。

5.ファクタリング会社を装った違法な闇金・悪徳会社ではないか

5.ファクタリング会社を装った違法な闇金・悪徳会社ではないか

業者の中にはファクタリング会社を装った闇金または悪徳会社が潜んでいることがあります。

そのような会社は相場とは大きくかけ離れた法外な手数料を取ったり、契約後に説明にはなかった手数料が取られることあります。

その他、契約書を発行しないなど手続きがあまりにも簡単に進む場合は悪徳会社である可能性が高いです。

事前に口コミ評判を参考にしたり、契約前に不明点などは確認するようにしましょう。

6.振込までのスピード

ファクタリングのサービスが優れている一つのポイントとして、多くの会社では最短で即日振込が可能であることです。

銀行で融資を受ける際には1~2ヶ月かかることもあるので、急ぎで資金調達をしたいときはファクタリングの利用がおすすめです。

申し込みの時間帯によっては翌日以降の振込となることもありますが、お金の融資よりも比較的に審査がゆるく、スピーディーな手続きが可能となっています。

7.口コミ評判はどうか

ファクタリング会社に申し込む前には必ず、その会社の口コミ評判をチェックしましょう。

実際に利用した人の口コミによって、スタッフの対応や手続きの流れ、申込みから契約・入金までにかかった時間など、公式サイトでは分からないような体験談を知ることもできます。

安心できる信頼性の高い会社は、良い口コミ評判が多いものです。

ファクタリングの一般的な流れ

ファクタリングの一般的な流れ

ここでファクタリングの2社間契約の一般的な流れを見てみましょう。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約
  5. 入金

申込みから入金までを細かく見ていきましょう。

1.申し込み

Webサイトまたは電話で申し込みをします。

Webサイトでは会社名や代表者名、連絡先などの身元を確認する情報や、希望買取金額や契約方法(2社or3社)など手続きに関する情報を入力します。

不明点は電話で直接問い合わせをしてからすることもできます。

2.仮審査

仮審査は電話でのヒアリングとなる場合が多く、申込みで申告した情報に加え、自社の業種や売掛先の企業情報、資金の調達意図などが細かく聞かれます。

その際に審査に必要となる書類が指定されたり、手続きの流れについて詳しく聞くことができます。

3.本審査

3.本審査

本審査では、ファクタリング会社が仮審査で得た情報を吟味して、希望金額の可否や手数料など契約に関する内容を審査します。

売掛先の企業から確実に売掛金を回収できるのかを審査して、ファクタリング会社が損害を被ることのないよう、企業の信頼性を様々なデータから調査します。

4.契約

本審査に通過すると契約となります。

発行された契約書に目を通して、契約内容をしっかり確認しましょう。

会社によっては契約書の郵送や印鑑証明書類の関係で入金が遅れる場合があります。

5.入金

契約が締結されると、売掛債権の買取金額より手数料分が引かれた金額が指定した口座に振り込まれます。

個人向けの給料ファクタリングのおすすめはこちらで紹介

法人・事業主向けのファクタリング会社おすすめランキング

法人・事業主向けのファクタリング会社のおすすめランキングを紹介します。

1位.オルタ

1.OLTA(オルタ)

手数料は業界最安の2~9%

オルタは2社間ファクタリングのみとなっていますが、手数料が2~9%と業界最安となっています。

AIスコアリングをもとにしたオルタ独自の査定システムでコスト削減が実現し、このような手数料が可能となっています。

オルタの査定や口コミを詳しく解説

手続きがすべてオンライン完結で即日入金もできる

オルタのファクタリングは手続きがすべてオンラインで完結し、紙の書類は不要です。

面談不要で最短即日の振込が可能です。

☞ OLTA(オルタ)の申し込みはこちら

2位.ビートレーディング

1.ビートレーディング

スピード重視!最短12時間の資金調達が可能

ビートレーディングは審査スピードを重視しており、最短12時間の資金調達が可能です。

審査スピードを早めるポイントは必要書類をいかに早く揃えるかです。

受付時間内に書類をすべて揃えて申し込みをすることで、入金までの時間をより早めることができます。

ビートレーディングの口コミ評判や実績・信頼度の解説はこちら

審査通過率が98%

ビートレーディングの審査通過率は公式サイトで98%と発表されています。

お金の融資より審査が甘いことに加え、ビートレーディングは赤字・税金滞納・債務超過などあなたの事情に合わせて、親身に相談に乗ってもらえます。

☞ ビートレーディングの申し込みはこちら

3位.ウィット

2.ウィット

小口買取を専門とする業者

ウィットは500万円以下などの小口の売掛債権買取を専門とする業者です。

ファクタリング会社の中には最低買取金額を定めているところもありますが、ウィットなら規模の小さな会社であっても資金調達が可能です。

数百万円の資金繰りに苦しむ中小企業が多いな中で非常に頼りになる存在です。

ウィットの口コミ評判や強みを解説

来店不要・非対面での手続きが可能

ウィットは小口専門で中小企業の資金繰りを専門としていることから、来店不要・非対面での手続きが可能となっています。

中小企業の経営者は現場に立つことも多く、手続きの際に来店して、対面をした上で手続きをするのが困難である場合がしばしばあります。

また小口専門であることが、対面不要のより簡易的な手続きが可能となっている理由です。

☞ ウィットの申し込みはこちら

4位.一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

5.一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

郵送ファクタリングという独自のシステム

日本中小企業金融サポート機構は郵送ファクタリングという独自のシステムで、面談不要の手続きができるようになっています。

ファクタリング会社を訪れる必要もなく、会社から遠くても資金調達の手続きができるという利用者の手間を省いた仕組みとなっています。

ファクタリング以外のサービスもやっている

日本中小企業金融サポート機構はファクタリングの他に、事業再生やM&A・事業継承、事業マッチングに関するサービスをしています。

あなたの状況によってはファクタリング以外の問題解決法を提案してもらえるかもしれません。

☞ 日本中小企業金融サポート機構の申し込みはこちら

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットは、契約内容によって高い手数料がかかる場合があることです。

取引金額や売掛金が入金されるまでの期間などによって契約内容が変わり、高い場合、取引金額の20%ほどの手数料がかかってしまうことがあります。

その他、3社間取引や債権譲渡登記が必要になった場合に、売掛先の企業にファクタリングの利用がバレてしまい、資金に困っていることが会社の信用にマイナスに働いてしまいます。

ファクタリングを利用するときには見積もりを出してもらい、どのような契約になるのか確認をするようにしましょう

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングの3つのメリットを解説します。

資金不足に対応可能

売掛金の支払い期日前に資金が足りなくなった場合に、売掛債権を現金化することで、資金繰りの対応が可能になります。

「ここを乗り切ることができれば…」という状況で役立ちます。

最短即日での資金調達が可能

ファクタリングは最短即日での入金が可能なので、すばやい資金調達ができます。

審査状況によっては翌日以降の入金となりますが、審査に1~2ヶ月もかかる銀行の融資では間に合わないときでもファクタリングなら問題ありません。

手数料はかかりますが、融資ではないので利息はかかりません。

これまでの銀行融資や手形取引などの問題点を補う資金調達法として、ファクタリングは新たな選択肢になります。

企業が手形に頼らないで、しかも、企業間信用を金融機関信用へ転換しうるような新しい取引形態を開発しなければならないとぎをむかえた。

ファクタリング取引の検討を試みようとする本稿の動機は、以上のような問題意識からである。

引用元:ファクタリング契約の検討|科学技術情報発信・流通総合システム/私法/1975巻(1975)37号

特に資金力が不十分な中小企業は資金繰りに苦しむことが多いため、それぞれの環境に沿った新たなサービス・取引形態が出てくることは、景気の活性化において非常に価値のあることと言えます。

信用情報に影響しない

ファクタリングは売掛債権の買取であって、融資ではないため、信用情報に影響しません。

売掛先の企業が倒産して売掛金が回収できなかったとしても、※償還請求権のない契約であれば、利用者に負債は発生しません。

※売掛先からお金を回収できなかった場合に、ファクタリング利用者に損害を求めることができる権利。

信用情報への影響がないため、将来における融資の審査にも有利になります。

まとめ

ファクタリング会社を選ぶポイントやおすすめの会社を紹介しました。

ファクタリングをうまく利用するためにも手数料や振込スピード、会社の信頼性などを考えて、あなたの状況に合ったサービスを選びましょう。

実際に利用した人の口コミも重要です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA