ラインモの口コミ・評判は?ソフトバンクのお得な格安料金プラン

格安スマホ「ラインモ」料金プランやキャンペーン、口コミ評判は?iPhone端末があればSIM交換でそのまま使える

管理人
管理人

こんにちは「ブラックでも借りれる達人」管理人の黒田(@black_pro_jp)です。

大手キャリア、ソフトバンクの格安料金プランである「ラインモ」。

月間20GBの大容量通信を月額2,480円で利用できます。

データを消費することなく、LINEが使えて、ビデオ通話もカウントフリーの対象となるプランです。

この記事では、ラインモの格安料金プランや特徴、サービスの内容について、分かりやすくお伝えしたいと思います。

すでにiPhoneをお持ちなら、その端末をそのまま使うこともできるので、この機会に乗り換えをすることをオススメします。


20GBで月額2,480円の格安プラン「ラインモ」

ラインモは月額2,480円という安さで、20GBという大容量のデータ通信ができます。

ソフトバンクの格安プランなので、ソフトバンクと同じ品質の通信ができます。

以前あったラインモバイルが、ソフトバンクの格安プラン「ラインモ」に生まれ変わったということになります。

前身のラインモバイル株式会社が完全にソフトバンクの子会社となり、ラインモバイルのサービスは受付を終了しました。

ラインモの選べる2つの料金プラン

月額500円~で利用できる格安スマホ・SIMの「ラインモ」

ラインモの料金プランは以下の2つあり、あなたの都合に合わせて選ぶことができます。

プラン月額料金データ容量
ミニプラン990円(税込)3GB
スマホプラン2,728円(税込)20GB

高い方のスマホプランでも3,000円未満で使えるので、格安SIMの月額料金に少しプラスした料金で、20GBの快適な通信ができます。

通話・メールがメインの用途で、データ通信(インターネット利用)をあまりしないという方であれば、3GBの容量で990円という最適のプランまで用意されています。

通信アプリ「ライン」での通話・トークは、データの消費をせずに使えるのも、ユーザーにとって非常に嬉しいポイントです。

どちらのプランも契約後のプラン変更が可能なので、まずは契約をしてから、利用状況を見てみるのも良いでしょう。

ラインモの口コミ・評判

ラインモの口コミ評判

ラインモの口コミ評判をいいものと悪いものに分けて、解説します。

良い口コミ・評判

ラインモの良い口コミには、次のようなものがあります。

  • 契約をした初月は無料だからお得。
  • SNSが無料なので、SNSをよく利用するならラインモは最強。
  • 通信速度が遅いことがあっても、この安さならOK。
  • 田舎の方に行っても、電波は快適。
  • 店舗スタッフやサポートセンターの接客がいい。

ラインモは契約をした初月が無料なのが嬉しいですし、定期的に行われるキャンペーンの値引きからも目が離せません。

またデータフリーでSNS利用でのデータ通信がノーカウントになるのは、ラインモの強みです。

「安さに満足」という格安スマホには必須の口コミももちろんあります。

ラインモ【公式サイト】はこちら

悪い口コミ・評判

ラインモの悪い口コミは、主に「時間帯によっては通信速度が遅く、イライラすることがある」というものです。

月額利用料が安いこともあり、通信速度が遅くなる時間帯があることについては賛否両論で、このことは他社の格安スマホにもあることです。

その他、接客態度が良くないとの指摘もありましたが、全く逆の口コミもあるので、人によってケースバイケースと言えるでしょう。

他社のスマホプランも気になる方は、以下の記事を参考にして下さい。

格安料金でスマホを持ちたい方へ安いスマホを紹介

携帯ブラックでも借りれる携帯電話・格安SIM(スマホ)|審査なしで契約できる甘い会社を調査
過去に携帯料金の滞納・未払いをしてしまった携帯ブラックの人でも、携帯電話・スマホの契約をすることはできます。 ブラックでも携帯契約をするポイントは、審査の甘い携帯会社を選ぶことと、料金の...

お持ちのiphone端末をそのまま使える(6s以降対象)

お持ちのiphone端末をそのまま使える

もしあなたが現在iPhoneを利用中なら、その端末をそのままラインモとして使えます。

ラインモでも使えるiPhoneの対象となっているのはiPhone6s以降となっています。

ラインモはソフトバンクの子会社で、ソフトバンクで購入した製品や同じく子会社のワイモバイルで購入した端末はもちろん、docomoやauで購入した端末でも大丈夫です。

あなたのiPhoneがラインモで使えるか確認する必要があります。

SIMフリーのiPhone(ソフトバンク・docomo回線)のみ、5s以降の端末が対象となっています。

APNとMNP(携帯電話番号ポータビリティ)はサポートページより

APNとMNP(携帯電話番号ポータビリティ)のやり方ついては、公式サイトの「サポート」ページで確認できます。

他社からの乗り換えの場合は、※MNP(携帯電話番号ポータビリティ)転入となるので、事前に「MNP予約番号」を取得して下さい。

※携帯番号を変えずに、携帯電話会社を乗り換えるサービス。

「MNP予約番号」の取得は、各携帯電話会社のウェブサイトや店頭での手続きができます。

新しいSIMカードを端末に挿し込んだ後は、APN(アクセスポイント)設定も必要となるので、公式サイトのサポートページよりご確認ください。

ラインモの機種変更はマイページから

ラインモの機種変更はマイページから簡単に手続きできる

ラインモの機種変更はWeb上で申し込みをして、希望の機種が自宅に届くという流れです。

最短当日発送で端末が届く

機種変更の申し込みは、ラインモのマイページにログインをして、約5分のかんたんな質問に答えるだけでできます。

申し込みの審査が完了すると数日(最短当日発送)で自宅に新しい端末が届き、利用中のSIMカードを差し替えれば、機種変更が完了です。

ラインモで動作確認をした公式の端末なので、安心安全に利用できます。

機種変更は手数料・送料ともに無料

機種変更は手数料・送料ともに無料

費用としてかかるのは端末代のみで、手数料と送料は無料です。

機種変更の支払い方法は一括払いのみとなっており、分割払いはできません。

店舗で即日の受け渡しも可能

ラインモの店舗では、新規の申し込みからMNP転入の手続きまで、即日で新しいスマホを受け取ることができます。

※エントリーパッケージの購入も可能で、記載されているエントリーコードを公式サイトで入力することで、初期費用を抑えることができます。

※16桁のエントリーコードが記載された紙のパッケージ。

また店舗スタッフと直接のやり取りができるので、分からないことがあれば、その場ですぐに解決できます。

モバイルWifiルーターとSIMがセットで購入できる

ラインモでは、モバイルwifiルーターとSIMをセットで購入することができます。

モバイルwifiルーターは持ち運び可能な小型のwifiルーターのことで、自宅はもちろん、外でもパソコンやスマホのインターネット接続を可能にします。

ただラインモのデメリットとしてあるのが、

  1. モバイルwifiルーター単体での販売をしていない。
  2. 大手キャリアの回線を借りているため、通信速度が遅い時がある。

という2点です。

ラインモの解約手数料はかかる?

ラインモの解約手数料はかかる?

データSIM(ネット専用)の利用は解約手数料なし

データSIMとデータSIM(SMS付き)の利用は、最低利用期間と解約手数料が発生しません。

インターネットのデータ通信が目的の方は解約手数料の心配はいりません。

音声通話SIMを利用の場合

2019年10月1日以降に音声通話SIMの利用を開始した場合は、最低利用期間が1年間となり、解約手数料が1,000円かかります。

最低利用期間の1年が過ぎれば、解約手数料はかからなくなります。

2019年9月30日までに音声通話SIMの利用を開始して、1年未満で解約した場合は9,800円の解約手数料がかかっていたので、これから契約を開始する人はラッキーです。

本田翼さん出演のラインモCMが人気

本田翼さん出演のラインモCMが人気

本田翼さんが出演しているラインモCMが人気です。

ザ・ドリフターズの「ババンババンバンバン」のメロディーに合わせて踊る、本田翼さんが可愛くて仕方ありません。

このCMの「こうかは抜群だ」ですね。

YoutubeにCM制作の舞台裏も確認できる動画があるので、以下より御覧ください。

【TVCM】ラインモだモン・料金篇 – YouTube

ラインモのデメリット3つ

ラインモのデメリット3つ

ラインモのデメリットを3つ解説します。

1.時間帯によっては通信速度が遅い

ラインモの悪い口コミでも述べた通り、朝夕の通勤・通学時やお昼休みの時間帯は回線の利用が増え、通信速度が遅くなります。

このようなデメリットは他社も含め、格安スマホである限り避けられない点です。

それ以外の時間帯はストレスなく利用できるので、特に不満を感じない方もいるかと思います。

2.12ヶ月の最低利用期間がある

ラインモには12ヶ月の最低利用期間があり、この期間内に解約をすると1,000円の解約手数料がかかります。

1,000円の解約手数料がかかるのは2019年10月1日以降に契約をした人で、それ以前に契約をした人が12ヶ月以内に解約をすると9,800円なので、以前に比べ、解約手数料は安くなりました。

最低利用期間が過ぎれば手数料無料で解約ができます。

最低利用期間が1年であるのは格安スマホ会社の中では平均的なので、特にラインモだけのデメリットではありません。

3.即日受け渡し可能な実店舗が少ない

ラインモは即日の受け渡しが可能な店舗が少なく、16店舗となっています。

Webで申し込みをした後に端末を郵送してもらう場合でも、数日内には自宅に届くので、手元に届くまでそれほど時間はかかりません。

ラインモのメリット5つ

ラインモのメリット5つ

ラインモの5つのメリットについて解説します。

1.最安プランは月額600円~の安さ

ラインモは最安の「LINEデータフリー」のプランであれば、600円という格安プランがあります。

データ容量は1GBですが、LINEアプリの利用ではデータが消費されないので、とにかくスマホ代を安くしたい人におすすめです。

「インターネットやSNSをもっとしたい」「通話もしたい」という人は、より高い料金プランを選べますが、いちばん高いプランでも月額3,520円で、大手キャリアよりも大幅に安く利用できます。

2.データフリーでSNSの通信速度に制限なし

ラインモはプランに応じて、主要SNSを使う際にデータが消費されません。

LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムをよく利用する方は速度制限なしで、使い放題となります。

インターネットの利用で通信速度に制限がかかっても、SNS利用には影響ありません。

安さは他社の格安SIMの他社と比べても平均的ですが、SNS利用ではラインモが強いです。

ラインモ【公式サイト】はこちら

3.データ残量がリアルタイムで分かる

ラインモは、LINEアプリから公式アカウントに登録するとデータ残量がリアルタイムで分かるので管理がしやすいです。

余ったデータは翌月に繰り越せますが、翌々月には消滅してしまうので、データ残量を確認しながら調整ができます。

4.セール・キャンペーンが充実

4.セール・キャンペーンが充実

ラインモは定期的にセールやキャンペーンをやっており、お得に利用できる機会が充実しています。

プランの組み方によって一定期間の月額利用料が半額になったり、人気機種が半額で購入できたりします。

その他、家族・友人の紹介でLINEポイントがもらえるといった内容のプランもあります。

これから契約を考えている方は、キャンペーンやセールの利用も合わせて、手続きをすると良いですね。

5.必要に応じたオプションがある

データフリーのSNS利用だけでなく、インターネットや通話も普通に利用したいという方は、オプションをつけることでより自由にインターネットや通話ができるようになります。

月額800円の「10分電話かけ放題オプション」や、月額200円の「Wi-Fiオプション」があります。

あなたの使い方に応じて必要なサービスをつけることで、プランをカスタムできます。

あなた専用の安くてお得なプランが組める「ラインモ」

格安スマホのラインモは利用料が格安なだけでなく、SNS利用ではデータが消費されないという点が他社よりも優れています。

他の格安SIM会社と比べれば料金は平均的ですが、データフリーだと実質的に容量以上のデータ通信をしていることになるので、他社よりも割安で利用できているといっても過言でありません。

インターネットや通話をもっとしたい方はオプションを付けることもできるので、必要なサービスだけを選んで、料金プランを組めます。

とにかく安くスマホを使いたいという方にもおすすめのラインモで、あなた専用の安くてお得なプランを考えてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました