ブラックでも借りれる達人
ブラックの専業主婦が借りられるカードローンはある?

ブラックの専業主婦が借りられるカードローンはある?

結論から言うと、他社借入ありでブラックの専業主婦が絶対にお金を借りられる銀行・消費者金融カードローン(金融)はありません。

そもそも絶対に通る審査はないからです。

しかし、やり方次第ではブラックの専業主婦でもお金を借りられる可能性があります。

このページでは、ブラックの専業主婦の方がお金を借りる方法を解説します。

ブラックの専業主婦でも借りられる銀行カードローン

ブラックの専業主婦がカードローンでお金を借りる方法は3つ

他社借入ありでブラックの専業主婦は、消費者金融からお金を借りることはできませんが、銀行カードローンであれば借りられる可能性があります。

「専業主婦」で「ブラック」であることの2つが審査に影響しますが、その2つを踏まえた上で、専業主婦でもお金を借りる方法を3つ解説します。

1.専業主婦でも審査に通る銀行カードローン

専業主婦でも借りられる銀行カードであれば、ブラックの専業主婦でも審査に通ることができます。

専業主婦であれば旦那さんの収入があるため、返済可能と判断されるからです。

各銀行・金融機関によって審査基準は異なりますが、大手メガバンク、地方銀行、ネットバンクといったそれぞれのタイプの銀行では、専業主婦でも借りられる銀行カードローンが用意されています。

専業主婦でも借りられる銀行カードローンを詳しく解説

専業主婦でも借りられる銀行カードローンの場合、収入証明書の提出や在籍確認の有無については、カードローンや審査状況によって、対応が異なります。

専業主婦の方が銀行系カードローンを選ぶなら、主婦層を顧客のターゲットとしたイオン銀行や、口コミなどで審査に通りやすいと言われている楽天銀行のカードローンがおすすめです。

2.旦那さん(夫)の名義でカードローンに申し込む

2.夫の名義で申し込む

もしお金を借りることを旦那さんに相談できるなら、旦那さんの名前でカードローンに申し込むこともできます。

旦那さんの名義で借りるため、旦那さんの返済能力を審査されるため、あなたがブラックの専業主婦だとしても審査には関係ありません。

チェックされるのは夫の信用情報のみ

夫の名義で申し込めば夫の信用情報のみがチェックされ、配偶者であるあなたの信用情報は一切見られません。

夫がアルバイトや自営業などで収入を得ていたとしても、大きな金額でなければスムーズに借り入れできるはずです。

夫の同意を得ること

夫の名義で申し込みをするのであれば、同意を得てからにしましょう。

確認電話なしのWeb完結で借りれるカードローンなら、夫の名前で借りれる場合もありますが、バレたら全額を一括請求される可能性が高いです。

夫になりすまして申し込みするというのは絶対にやめましょう。

3.ブラックを抜け出してから銀行の配偶者貸付で借りる

信用情報機関からブラックの記録が消えていれば、ローン審査の上では単なる専業主婦に戻ります。

その上で、夫がホワイトで安定収入があるなら、銀行の配偶者貸付で借りられます。

ブラックの記録が残る期間を内容別に見てみると、以下のようになります。

  • 長期延滞…最大5年
  • 債務整理…最大5年
  • 自己破産…最大10年
  • 多重申し込み…最大6ヶ月
  • 強制解約…最大5年
  • 代位弁済…最大5年

過去に長期滞納をした経験があるとしても、そのときから5年以上経っていればその記録は削除されます。

自己破産はブラックの中でも最も重大なので、最大10年間と長くなります。

多重申し込み(申し込みブラック)とは、短期間に色々な会社に連続で申し込んだことが原因で、お金に困っている人と判断されて審査に合格できなくなる状態です。

金融・申し込みブラックを分かりやすく解説

上記のように、内容別に保存期間が決まっていますので、一度あなたの過去の金融商品の利用状況を振り返ってみてください。

ブラックだと思っていたけど、実はもう記録は消えていてブラックではなかったという可能性もあります。

専業主婦が銀行カードローン以外でお金を借りる方法

貸金業者以外でお金を借りる方法は?

銀行や消費者金融の審査がどこも通らない場合、公的な生活支援制度を利用する方法があります。

自治体に相談

あなたが住んでいる自治体の役所に相談することで、生活が安定するまでに必要なお金を借りられる場合があります。

たとえば、以下のような制度があります。

  • 「生活福祉資金貸付制度」…低所得世帯や失業世帯向けに生活費の貸付
  • 「緊急小口資金」…突然の医療費、盗難の被害に遭ったなど緊急時の貸付

こういった緊急のときの短期的な補助をしてくれる制度では、信用情報の照会はしませんので、適用対象と認められればブラックでもお金を借りることができます。

生活支援制度は低金利

低金利または無利子でお金を借りることができますので、民間の貸金業者よりも条件はよくなります。

病気や怪我など、働きたいのに働けないという状況なら、役所に相談してみるのもひとつの方法です。

また、お金を借りる以外にも、モノを売ったり、クレジットカードを利用するなどの方法があるので、こちらの記事も参考になるかもしれません。

審査なしでお金を作る・稼ぐ方法を解説

収入のあるブラック主婦は中小消費者金融へ

収入のある主婦は借りられる?ブラックOK?

ブラック主婦でも、パートや派遣などで本人に収入があるなら中小消費者金融のキャッシングでお金を貸してくれる会社があります。

あなた自身がパートや派遣などで働くことで、専業主婦ではなくパート主婦になるという方法です。

たとえば、パート収入で月に9万円を稼ぐことができれば、年収は100万円ということになります。

この場合の総量規制の上限は約30万円となりますので、他社の借金が残っていなければ消費者金融で借りることは可能です。

中小消費者金融を選べば即日融資も可能

ブラックの場合は、大手と違った独自の審査を行っている中小消費者金融を選ぶことで、即日融資も可能となります。

中小消費者金融は大手銀行グループに属さず、独自の審査基準で融資を行っている中小規模の街金業者のことです。

債務整理や自己破産経験者でも、現在状況が改善して安定収入があれば少しだけ貸してくれる場合があります。

即日融資ブラックOKで審査が甘い消費者金融

街金とはいえ店舗に来店する必要はなく、インターネット申し込みと銀行振込によるキャッシングを利用することで全国から申し込みできます。

中にはレディースキャッシングがある中小消費者金融もあり、女性専用の問い合わせダイヤルで、ブラックになった事情や、旦那に内緒にしたいなど、相談しやすくなっています。

ブラックは銀行・大手消費者金融で借りれない

テレビCMを流している会社や大手銀行グループの消費者金融は、ブラックへの融資は行っていません。

消費者金融と言ってもプロミスやSMBCモビットのような大手への申し込みは避けるべきです。

参考までに大手消費者金融プロミスの審査基準はこちらの記事で確認できます。

プロミスの審査基準を詳しく解説

闇金融での借入は絶対ダメ!

闇金は絶対ダメ!

ブラックの専業主婦が借り入れ先を探すときは、闇金に手を出してしまわないように十分注意してください。

最初にお伝えしたように、「ブラック」と「専業主婦」の両方に当てはまる状態では、お金を貸してくれる会社はほとんどありません。

しかし、それでも貸してくれる業者はないかといろいろ調べていると、中にはどんな状況でも簡単に借りられるかのような案内を見かけるかもしれません。

たとえば、「無審査でキャッシング」「誰でも借りれる」といったアピールがあれば闇金の可能性大です。

正規の貸金業者で「無審査」でお金を貸してるれるという会社は存在しません。

無審査で即日融資(カードローン・キャッシング)?金融ブラックが安全にお金を借りる方法

闇金と契約してしまうと、法律の上限を超えた利息を請求されたり、個人情報を裏取引されたりといったトラブルの元になります。

ブラックの専業主婦がお金を借りれない理由

ブラックの専業主婦がお金を借りることができない理由

ブラックの専業主婦が、銀行カードローンや消費者金融のいずれからもお金を借りることができない理由は2つあります。

  1. ブラックは銀行・大手消費者金融のローン審査に通らない
  2. 消費者金融は専業主婦に融資を行っていない

それぞれについて解説します。

1.ブラックは銀行・大手消費者金融のローン審査に通らない

銀行・大手消費者金融のカードローンは、専業主婦に限らず、信用情報がブラックではほぼ間違いなく審査落ちしてしまいます。

銀行には配偶者貸付という制度があり、申し込み者は無収入でも配偶者(夫)の収入をもとに貸してもらえる場合があります。

しかし、実際にお金を借りて利用する申し込み者が返済を行いますので、申し込み者の信用情報がしっかりとチェックされます。

夫の信用情報が問題なく、収入が十分であっても、申し込み者にブラックの記録があると銀行ローンの審査には通りません。

2.消費者金融は専業主婦に融資を行っていない

2.消費者金融は専業主婦に融資を行っていない

例外的に中小消費者金融ならブラックでもお金を貸してくれる会社がありますが、消費者金融は専業主婦への融資を行っていません。

理由としては、消費者金融のカードローンには、貸金業法という法律によって「総量規制」というルールが設けられているからです。

総量規制とは、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までに制限されるという決まりです。

専業主婦は年収が0円ということになりますので、その3分の1もゼロとなります。

参照:知っておきたいお借入れのルール【日本貸金業協会】

消費者金融の側としても、世帯として見て十分に収入があるのなら貸したいところかと思われますが、法律のルールなので融資してもらうことはできません。

専業主婦なのになぜブラック?

専業主婦なのになぜブラック?

専業主婦なのにブラックになってしまう理由としては、以下の2つがあります。

  1. 主婦になる前に起こした金融事故
  2. 分割払いの支払いを長期延滞

1.主婦になる前に起こした金融事故

結婚して主婦になる前のクレジットカードやローンの支払い履歴がブラックだと、主婦になってからもやはりブラックとして扱われてしまいます。

結婚前の信用情報の支払い履歴は、結婚して名字や住所が変わっても、5~10年間はそのまま残るためです。

稀に個人情報の変更が多いと、信用情報機関も本人を特定できないことがあるようですが、期待は持たないようにしましょう。

2.分割払いの支払いを長期延滞

分割払いの支払いを長期滞納

借金をしたり、クレジットカードを利用したことがなくても、分割払いの支払いを忘れたことが原因でブラックになっている可能性があります。

信用情報の利用記録は幅広い

個人信用情報機関には、幅広い商品の利用記録が保存されています。

カードローンやクレジットカード、住宅ローンなどはもちろんですが、ショッピングの分割払いの支払い履歴も保存されています。

テレビショッピングや雑誌広告から分割払いでお買い物をして、その代金を払わずにほっておくと、ブラックになってしまいます。

携帯電話の分割払いも対象に含まれる

分割払いの購入には、携帯電話端末の購入費用も対象として含まれますので注意しましょう。

ドコモショップやauショップなどでスマホの機種変更をすると、端末代金が電話代と一緒に請求されます。

この電話代を滞納したまま放置して解約になると、それが原因でブラックになります。

心当たりがないのにカードローンの仮審査で毎回落ちるなら、信用情報の開示請求をしてどんな記録が残っているか確認してみるという方法もあります。

まとめ

収入がない専業主婦で信用情報もブラックの場合、カードローンでお金を借りることは基本的にはできません。

消費者金融は総量規制があるため無収入では利用できず、銀行ローンはブラックには融資をしていないからです。

パートで働いて収入を得るか、信用情報の記録が消えるのを待ってから銀行で借りるという対策が必要です。

もしお金を借りることを夫に相談できるなら、夫の名義で申し込むという方法もあります。

闇金には手を出さないように気をつけながら、審査対策を考えるようにしましょう。