ブラックでも借りれる達人
総量規制対象外でブラックOKのカードローンはある?

総量規制対象外でブラックOKのカードローンはある?

管理人
管理人

こんにちは「ブラックでも借りれる達人」管理人の黒田(@black_pro_jp)です。

総量規制は「年収の1/3を超えた金額の借り入れはできない」という、法律上のルールです。

しかし同じカードローンでも、それを提供する金融機関や貸金業者によって貸付のルールや審査難易度が異なります。

ここでは「総量規制対象外」で、「ブラックOK」のカードローンについて解説します。

審査の甘い消費者金融や即日融資の可否についても調べました。

「総量規制対象外+ブラック」で審査の甘い即日融資カードローンは?

「総量規制対象外」&「ブラックOK」で借りれるカードローンは?

「総量規制対象外」で借りられるカードローンはない

提供元 総量規制対象外 ブラックOK 即日融資
銀行 ✕(2017年4月よりルール変更)
大手消費者金融
中小消費者金融

上記の表の通り、「総量規制対象外」&「ブラックOK」という両方の条件を満たした業者はありません。

以前は銀行系カードローンが「総量規制対象外」でしたが、2017年4月より自主規制で総量規制のルールを設けています。

ブラックの人にとって一番現実的な方法は、総量規制の残りの枠を使って、中小消費者金融から借りることです。

審査では必ず信用情報がチェックされる

カードローン審査では信用情報がチェックされるので、他社の借入件数・借入額は必ず確認されます。

つまり総量規制を超えてしまうことを隠そうとして、他社の利用状況について嘘をついても、必ずバレて審査落ちとなるということです。

申告内容には正直に答えましょう。

銀行カードローンも実質は総量規制の対象に

銀行は元々は「総量規制対象外」でしたが、2017年4月より実質、総量規制の対象となりました。

2016年に日本弁護士連合会から「銀行は貸しすぎ!」という注意を受けたためです。

日本弁護士連合会│Japan Federation of Bar Associations:銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書

2010年の貸金業法の改正で「総量規制」が導入され、借金に苦しむ多重債務者が減ったことは大きな成果でした。

それなのに、総量規制対象外の銀行が貸しすぎてたら意味がないという指摘があったのです。

2017年4月からはどこの銀行も自主規制により、総量規制のルールを設けています。

審査が激甘な中小消費者金融(街金)のみブラックOK

大手消費者金融はブラックNG

中小消費者金融のみ、唯一「ブラックOK」で審査の甘い業者となります。

ブラックの人は信用情報に金融事故の記録があるため、返済能力については高い評価を得られません。

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

そのため、審査の厳しい銀行や大手消費者金融では「門前払い」で審査落ちとなります。

大手は豊富な資金力をもとに、メディアなどを使って、中小にはできないような大規模な宣伝をしているため、信用情報に問題がない、優良な顧客を厳選できるのです。

また、一定期間におけるローン申し込み件数が多い「申し込みブラック」の方も同じく確実に審査落ちとなります。

年収の1/3を超えた金額を借りることはできませんが、「もう少しお金が必要」というブラックの方は、中小消費者金融に申し込みましょう。

ブラックでも即日融資が可能な審査の甘い5社を解説

ブラックでも即日融資で借入OK!審査の甘い消費者金融5つをリサーチ

おまとめ(借り換え)ローンは総量規制対象外

「おまとめ(借り換え)ローン」は総量規制対象外

おまとめ(借り換え)ローンは、「顧客に一方的に有利となる借換え」となるので、総量規制の対象外となります。

総量規制はお金の貸しすぎを防ぐのが目的ですが、おまとめローンはその目的に合った商品だからです。

おまとめローンは、顧客に高額の貸付を行い、そのお金で複数ある他社の返済を完済し、借金を一本にまとめるというものです。

そうなると、中小消費者金融のおまとめローンは「総量規制対象外」+「ブラックOK」ということになりそうですが、実際はどうなのでしょうか?

中小のおまとめローンでもブラックには厳しい

おまとめローンの審査に合格するのは、ブラックの方にとってハードルが高いです。

おまとめローンはその性質上、通常のフリーローンよりも高額の貸付を行うことになります。

「顧客に一方的に有利となる借換え」とはいえ、ブラックの方に高額の貸付を行うのは、貸す側としてもリスクが高くなります。

審査基準が高くなるので、「総量規制対象外」という条件は満たしていても、ブラックの人は審査落ちになる可能性が高いでしょう。

ブラックも通りやすいおまとめローンは?口コミ・評判調査

ブラックが絶対通るおまとめローンはある?審査の口コミ・評判とダメなときの対処法

その他の総量規制オーバーでも借りれるローン

その他、総量規制の対象外となる貸付には「除外貸付け」と「例外貸付け」があります。

「除外貸付け」とはその性質上、総量規制になじまないとされ、総量規制オーバーでもOKな貸付です。

例えば、住宅ローンや自動車ローンが「除外貸付け」に該当します。

そして「例外貸付け」とは、債務者にとってプラスとなる性質をもった貸付で、先述のおまとめローンなどが該当します。

「除外貸付け」と「例外貸付け」の内容を詳しく見てみましょう。

●除外貸付け

①不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
②自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
③高額療養費の貸付け
④有価証券を担保とする貸付け
⑤不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
⑥売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け

など

引用元:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

●例外貸付け

①顧客に一方的に有利となる借換え
②借入残高を段階的に減少させるための借換え
③顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
④社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
⑤配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
⑥個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
⑦新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
⑧預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)

引用元:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

それぞれ貸付の条件や、細かいルールがあります。

ブラックの方には審査が厳しいものばかりですが、ローンの種類や状況によっては借りられるものもあります。

「総量規制外+ブラックOK」でお金を借りる&作る裏技4選

「総量規制対象外+ブラックOK」はこの方法!

お金を借りること以外にも、お金を用意する方法はあります。

以下4つの方法であれば、ローンの借入が総量規制をオーバーしていても「総量規制対象外+ブラックOK」という条件のもと、お金を手に入れることができます。

  1. クレジットカード現金化
  2. アマゾンギフト券の買取
  3. 質屋
  4. 自動車金融

4つの方法についてそれぞれ解説します。

1.クレジットカード現金化

「クレジットカード現金化」とは、クレジットカードで買い物をして、その商品を売って、現金を手に入れるという方法です。

具体的な方法は3つあります。

  1. 現金化業者を利用する
  2. 換金率の高いチケット・商品券を転売
  3. ゲーム機・スマホ・ブランド品などを転売

3つの方法について細かく見ていきましょう。

1-1.現金化業者を利用する

1-3.現金化業者を利用する

クレジットカードの現金化を専門とする業者があります。

業者が指定する品をクレジットカードで買って、その価格の7~8割ほどの金額がキャッシュバックされます。

おすすめの現金化業者に関しては、以下の記事で解説しています。

【クレジットカード現金化】安全な優良業者の見分け方

1-2.ゲーム機・スマホ・ブランド品などを転売

ゲーム機・スマホ・ブランド品などをクレジットカードで購入し、リサイクルショップやネットオークションで売る方法です。

リサイクルショップの方がその場で現金を受け取れるというメリットがあり、早い現金化が期待できます。

ネットオークションは価格をこちらで設定できる分、買い手がいつ見るかるか分からないのがデメリットです。

1-3.換金率の高いチケット・商品券を転売

1-1.換金率の高いチケット・商品券を転売

クレジットカードで換金率の高いチケット・商品券を購入し、ネットショップや金券ショップで売ることができます。

換金率の高いチケット・商品券には新幹線や各種イベントのチケットやデパートなどの商品券があります。

ただ、換金率の高いチケット・商品券は転売目的で買う人がいるということで、クレジットカード現金化を防止する観点から、クレジットカードで購入できない場合も多々あるので、あまりオススメできません

2.アマゾンギフト券の買取

もしあなたの手元にアマゾンギフト券があるなら、それを買い取ってくれる買取サイトが多数存在します。

来店不要でネットで手続きができるので、PCやスマホからいつでも申し込みができます。

買取サイトによって換金率や振込スピードに違いがあるため、サイト選びをちゃんとした方が満足度の高い取引ができるでしょう。

こちらの記事で、おすすめのアマゾンギフト券の買取業者を紹介しています。

アマゾンギフト券の換金にオススメの買取業者ランキング6選

3.質屋

高級ブランド品や腕時計、貴金属などを質屋に預けることでお金を借りることが出来ます。

預ける品の査定はされますが、審査なしで借りれるので、総量規制もブラックであることも関係ありません。

預ける品物の査定額と同じ金額を借りられます。

もし期限までに返済できなければ(3ヶ月に設定されるのが一般的)、預けた品は質屋のものになります。

4.自動車金融

車を預けてお金を借りたり、ローン車を売却で車の現金化をする方法もあります。

仕組みは質屋とほぼ同じで、車の査定額が限度額となり、ブラックであることも総量規制も関係ありません。

次で紹介するカートップは車の「売却・一時預かり・乗ったまま」の現金化ができます。

ローン車の途中売却・現金化ならカートップ

車を預ける際には名義を業者に移動させることになったり、レンタル料を払って車に乗ることができたりと、自動車金融の業者によって特色があります。

レンタル料を払って車に乗るかどうかで、融資限度額も変わります。

その他にも審査なしでお金を作る方法であれば、増量規制は関係なくなりますが、詳しくは以下の記事で紹介します。

今すぐ審査なしでお金を作る方法を紹介

今すぐお金が必要!審査なし・借りる以外で作る・稼ぐ方法は意外にある

総量規制対象外で審査の甘い「闇金」は絶対に利用しない

どこからもお金を借りれない時にやむを得ず手を出してしまう業者に「闇金」がありますが、闇金とは絶対に関わってはいけません。

返済さえすれば大丈夫と思って、いったん手を出してしまうと、法外な利息を取られてしまいます。

また、返済不能の借金を作らされたり、口座売買などの犯罪に加担してしまう危険性もあります。

穏やかだった生活が一変して、人生が破綻してしまう恐れもありますので、闇金の利用は絶対にしないよう注意しましょう。

まとめ

ブラックでも借りられて、総量規制対象外になるのは、中小消費者金融のおまとめローンのみです。

おまとめローンはその性質上、高額の融資となるので、通常のローンよりも審査が厳しいものとなります。

そのため、ブラックの人は審査落ちとなる可能性も高くなります。

以前は銀行のカードローンが総量規制の対象外でしたが、自主規制により、現在は実質、総量規制の対象になっています。

「ブラックOK」で「総量規制対象外」のカードローンはないものと考えましょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA